こんにちは。

そのまま飲んで美味しいお酒を、ことごとく梅酒にしてしまう榎商店スタッフです。

 

梅酒漬けたよ第三弾!

 

3番めは赤霧島の梅酒!

 

写真はない!(爆)

 

でもビーフィーター、レミーマルタン、赤霧島の中で一番量を漬けています。

梅酒の定番お酒といえばやっぱ焼酎ですしね。

レシピをご紹介しますね。

 

赤霧島の梅酒レシピ

  • 青梅:500g
  • 焼酎(赤霧島):900ml
  • 氷砂糖:350g 500g

 

ビン:上記の容量(お酒の量より)1.5倍ほどの大きいサイズのもの

【追記】

砂糖の量を変更しました。
アルコール度数が低めなので、腐りにくいように砂糖を多めにしました。

 

赤霧島の梅酒の漬け方

1))ビンとキャップを煮沸消毒します。

煮沸できる大きい鍋がない場合は、ビンの内側に熱湯を回してよく乾かします。

煮沸後は水気が完全になくなるまで乾かすか、清潔なフキンで水気を拭き取ります。

 

2)ビンに氷砂糖、青梅を入れ、赤霧島を注ぎます。

 

3)キャップを締め、冷暗所に3ヶ月以上寝かせて完成です。

 

漬けた直後の感想

やっぱり焼酎で梅酒を漬けると安心しますね。

焼酎を使った梅酒は多いので、味の想像がつくってのもあるかもしれない。

私は毎年冬になると梅酒を買うのですが、お酒飲めないくせに梅酒にはうるさくて、味うんぬんよりも、本格焼酎でつけたものしか買わないことにしています。

飲めないから、いいものをちょっとだけ飲みたいんですよ。

だから今回も本格芋焼酎の赤霧島でがっつり漬けました。

お店で赤霧島買ってるとき、非常にもったいないを連呼されましたが…。^^;

 

飲めない人間が赤霧島を飲んでも芋は芋ですよ!!

(飲みやすいけどさ。やっぱ量が飲めない)

 

近日中に漬けた後レポと飲みレポを報告しますね。

お楽しみに!