アランモルト テイスティング感想

 

こんにちは。

昨年12月ぐらいに入ってきた、アランモルトの取り扱いが開始になりましたー!

イエイ☆

アランモルトとは?

アランモルトは、シングルモルトのスコッチウイスキーです。

スコッチはエリアとしては大きく6つにわかれます。

スコットランド西南部にはたくさんの島が分布しており、そのうちアイラ島を除く島で作られたモルトをアイランズと呼びます。

アランモルトは、そのアイランズのうちの最も南に位置する島、アラン島で作られたモルトです。

地理的には、ローランドとキャンベルタウンに挟まれた場所にあります。

イギリス王室の避暑地としても知られ、ロイヤルアイランドとも呼ばれる美しい島です。

 

アランモルトをテイスティングしてみた!

アランモルト

さてさて。

そんなアラン島で作られたアランモルト。

10年、14年、18年のサンプルをいただいたので、テイスティングしてみました!

サンプルのご提供、ありがとうございます。

えー。

はじめに申し上げておきますが、このブログを書いてる私は恐ろしくお酒に弱く、お酒が飲めません。
(なのにこのブログ書いてるという…)

なので、ほぼ素人テイスティングです。

実際に飲まれたかたとか、これをヒントに購入された方には

えー!?

そうじゃねえだろー。

みたいな感想が出てくるかもしれませんが、ご了承ください。m(_ _)m

 

アランモルト10年テイスティング感想

ハチミツをもう少し華やかにしたような香りと、バニラっぽい甘さはあるもののバニラほど強烈ではない香り。

強くはないものの、しっかりした、甘い香りがします。

アルコール臭はあまり感じられませんが、他の年数のものにくらべると、やはり若さがあります。

アランモルト10年は、アランモルトのフラッグシップボトルです。

アランモルトにチャレンジするなら、10年から入るのがおすすめです。

アランモルト10年

アランモルト 10年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 46度 正規品

 

アランモルト14年テイスティング感想

こちらも甘いかんじの香り。

10年のような、甘さがふわっと軽く広がっていくような香りではなく、甘さが濃くなったような感じです。

甘さが熟成されたというか。

香りのベースとしては、甘さが濃くなったハチミツっぽい香りがします。

アランモルト14年

アランモルト 14年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 46度 正規品

アランモルト18年テイスティング感想

キャラメリゼのような甘さが濃くなった香り。

甘さがそのまま飲めそうな、味と香りが一体化してそうな印象。

アルコール臭は感じられず、熟成された香りです。

アランモルト18年

アラン モルト 18年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 46度 正規品

アランモルト全体の感想

全年数通して甘い香りが主体のシングルモルトです。

ミヤワキは滅多にウイスキーを飲まず(甘くないお酒の美味しさがわからない)、そもそもスコッチは一滴も飲んだことないのですが、スコッチのシングルモルトデビューするならアランモルトもアリかな。

と思った次第です。

飲めそうな甘い香りがね。

なんか好きです。

女性にもいいかも。

今、会社なのでテイスティングはできても試飲ができないのですが、飲めばなめらかそうな感じがします。

甘さが強くなると甘辛く感じるような、そんな味わいになってそうな印象も受けます。

購入される場合は、通販サイトの方にオフィシャルのテイスティングノートが記載していますので、そちらを参考にしてくださいね。

アランモルトのご購入はこちら