初めての方のためのワインの選び方ガイド

ワインを飲んでみたいけどワインを飲んだことなーい。

という方のために、ワインの選び方をご紹介いたしますね。

 

ワインの種類について

ワインは、大まかにわけると

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

にわけられます。

それぞれの特徴と選び方をご紹介しますね。

 

赤ワイン

赤ワインは、黒ブドウからつくられたワインです。

黒ブドウを軽く潰し、果皮と種と共に発酵させて造ります。

こうすることで、赤ワインのきれいな色が出て、ワイン独特の渋みが出ます。

赤ワインは甘み成分をほとんど含まないため、かわりにフルボディ(重い)、ミディアムボディ(中間)、ライトボディ(軽い)というふうに、味の豊かさ(コク)で区別されます。

黒ぶどうの品種には、ピノ・ノワール、カルベネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、サンジョヴェーゼ、グルナッシュなど、たくさんあります。

 

白ワイン

赤ワインは、白ブドウからつくられたワインです。

白ぶどうの果汁のみを発酵させてつくります。

皮や種を使わないため、渋みがないのが特徴です。

赤ワインと違い、白ワインは甘口、辛口といった表現が使われます。

白ぶどうの品種には、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、ミュスカ、シュナン・ブラン、セミヨンなどがあります。

辛口は緑色のボトル、甘口は透明なボトルに入っていることが多いです。

 

ロゼワイン

ロゼワインは、赤ワインと白ワインの中間的なワインです。

赤ワインと白ワインを混ぜて造る方法と、赤ワインのうわばみ部分をロゼとして使う方法があります。

作り方も様々で、果皮と種を使って造ったり、果汁だけで作ることもあります。

白ワインに近い味わいです。

 

ワイン初心者の人は赤と白どちらがおすすめ?

白ワイン

ワインに慣れてない人はワインの渋みを苦手に感じる人もいるため、はじめて飲む方は、白かロゼから入るのがおすすめです。

また、肉料理(ハンバーグ、ステーキ)や、チーズ、ピザには赤ワイン、魚料理、揚げ物、サラダには白ワインがあうため、料理に合わせて選んでもいいですよ。^^

(ロゼは白ワインと同じように魚料理や揚げ物などにおすすめです)

 

ワインの飲み頃はいつ?

ワインは古いほどいいと思われがちですが、基本的に製造されてから1~2年で飲むことを前提として作られています。

ぶどうの出来がいい当たり年のワインは熟成年まで待って飲むのが良いとされますが、それ以外のものは1~2年のうちに飲んでしまいましょう。

なお、開封後は早めに(出来がいいワインでも)飲みきってしまってくださいね。