白州について

白州について

山梨の白州蒸留所で造られたジャパニーズウイスキーです。

ミネラルバランスの良い軟水の南アルプスの水を使って造られています。

山崎と違い、ピート感が感じられ、爽やかな爽快感があるのが特徴です。

味わい

白州蒸溜所が持つ多彩な原酒の中から、ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルト。

森の若葉のようにみずみずしく、ほのかにスモーキーフレーバーを備えたモルトと、複雑さと奥行きを加える様々な原酒が重なりあって生まれた新たな個性。

フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレのよい味わいが特徴です。

白州の種類

ラインナップにはかつて12年もありました。

しかし近年のウイスキー人気に伴い、原酒を確保する必要性から2018年6月から休売となりました。

そのため現状(2020年)のラインナップは3種類となります。

白州ノンエイジ

白州ノンエイジ

森の若葉のようなみずみずしくほのかなスモーキーフレーバーを備えたモルトと、「白州」らしい複雑さと奥行きを持つさまざまな原酒をヴァッティング。

それぞれの個性が重なり合うことで生まれた、フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレの良い味わいが特長のシングルモルトです。

白州18年

白州18年

18年以上の超熟モルトならではの爽快で深い香りとほのかなスモーキーさを感じられます。

複雑なコクと甘み、ふくいくとした樽香が見事に調和したモルトです。

スモーキーで心地余韻です。

白州25年

白州25年

25年以上熟成させた原酒の中から、クリーミーでウッディーな原酒、ピートをきかせたスモーキーな原酒と果実味が濃厚なシェリー樽をヴァッティング。

円熟を極めた芳醇な味わいが特徴です。

白州のおすすめの飲み方

ハイボールでも良いですし、少量の加水やロックも美味しいウイスキーです。
(長熟はぜひ一度ストレートを味わってみてください)

ロック

グラスに氷を入れ、白州を注いで完成です。

ハイボール

ジャパニーズ・ウイスキーがはじめての方は「白州のハイボール」がおすすめ。

材料

  • 白州 45ml
  • ソーダ 100ml
  • 氷 グラスにたっぷり

作り方

グラスにたっぷり氷を入れ、白州を注いで軽く混ぜてから冷えたソーダを注ぎ、また軽く混ぜたら完成です。

まとめ

山崎とはまたちょっと違った味わいの白州。

スモークサーモンや白身魚のフライなどとあわせると、さらに美味しく楽しめます。