ラフロイグ梅酒タイトル

こんにちは。

榎商店スタッフのみやっちです。

張り切ってラフロイグを買って飲んでみたものの、どうもウイスキーは苦手だ。

ということを思い知り、捨てるにしのびず、かといって周りにウイスキーを飲む人もおらず。

どうしたものかと悩んでいたところ、梅酒だったら飲めるので、

飲めないウイスキーは梅酒にすればいいじゃない!

ということで、ラフロイグで梅酒を作ってみることにしました。

 

材料

  • ラフロイグ 600ml
  • 青梅 約330g
  • 氷砂糖 約230g

 

※甘さひかえめです。

 

その他用意するもの

  • 保存瓶

 

※瓶は浸ける量の倍以上あるサイズのものをご用意ください。

 

ラフロイグの梅酒 作り方

画像の梅は若干熟れすぎのため、もう少し青めのものがおすすめです。

 

1)青梅を洗って、水気をよく拭き取ります

青梅をヘタの部分までしっかり水気を拭き取ってください。

また、イタミのある梅は取り除いてください。

梅酒がカビる原因となります。

 

2)梅のヘタをつまようじ、または竹串で取ります

ラフロイグ梅酒・その0ヘタ取り

ヘタを取ることでエグみのないさわやかな仕上がりになります。

このとき、梅に大きなキズが入らないように注意してください。

梅酒が濁る原因となります。

 

3)瓶に梅を入れます

ラフロイグ梅酒・その1梅を入れたところ

青梅を瓶の底にしきつめます。

 

4)氷砂糖を入れます

ラフロイグ梅酒・その2氷砂糖入れたところ

次に梅の上に氷砂糖をのせます。

量が多い場合は、3と4の手順を交互にくりかえし、層になるようにしてください。

 

5)ラフロイグを注ぎ入れます

ラフロイグ梅酒・その3ウイスキー注いだところ

青梅と氷砂糖の上から、ラフロイグを優しく注ぎ入れます。

 

6)ふたをしめ、冷暗所で最低3ヶ月以上寝かせます

直射日光を避け、冷暗所で保存してください。

3ヶ月を過ぎれば飲むことができますが、美味しさを楽しみたい場合は半年以上寝かせるのがオススメです。

 

ラフロイグの梅酒 飲み方

ラフロイグの梅酒は、ラフロイグを使っているにも関わらず、梅の風味がかなり強く、できあがりは梅酒そのものです。

そのため、ウイスキーとして飲むよりも、度数の高い梅酒として楽しむのがオススメです。

おすすめの飲み方その1 ストレートまたはロック

梅酒の出来を確かめるときは、ストレートで。

暑いときは氷を浮かべてオン・ザ・ロックがオススメです。

 

おすすめの飲み方その2 ソーダ割り

アルコール度数が強すぎたり、すぐに酔ってしまう方は、ソーダ割りや水割りがオススメです。

 

ラフロイグの梅酒味わい感想

ストレート

ラフロイグの香り(スモーキーさ)がはじめにパッとひろがり、そのあとに梅酒の甘さと熟成感が広がります。

 

ソーダ割り

スモーキーさがほのかに感じられ、飲みやすいので食前酒としておすすめです。

※今回は甘さ控えめのレシピのため、割ると梅酒の甘みが薄れます。個人的にはストレートの方が好きです。

 

まとめ

ラフロイグの梅酒は、ラフロイグを飲みあぐねている方、梅酒の変わり種を探している方にオススメです。

ちなみにみやっちはこの梅酒を2018年に漬けたのですが、2020年現在、3年目に突入しました。

ウイスキーが飲めないから梅酒にしてみたのですが、そもそもお酒が苦手なのでやっぱり飲まず、ず~っと残って…

いえ、熟成が順調に進んでおります。

また機会があれば熟成された梅酒の食レポをしたいと思います。

ではでは。