厚岸シングルモルトウイスキー大雪 新着情報

厚岸蒸留所より二十四節気シリーズ 第九弾 「厚岸シングルモルトウイスキー 大雪(たいせつ)」が、 2022年12月上旬に販売開始されるそうです。

中国から伝わった二十四節気。
一年を24等分して季節を表す名称を付けたもので、立春や夏至などもこれにあたります。

大雪がどのようなウイスキーなのかまとめてみました。

厚岸シングルモルトウイスキー大雪とは

「大雪」は厚岸ウィスキー「二十四節気シリーズ」の第九弾となります。

前回は8月に「大暑」がリリースされましたが、今回は一気に季節が飛び、正反対の「大雪」へ。

「大暑」はブレンディッドウイスキーだったため、やや煙いピート香と少し強めでドライな味わいで夏が表現されていましたが、「大雪」はシングルモルトで季節が表現されることになります。

「大雪」とはどのような季節なのかというと…

大雪は毎年12月7日頃~12月21日頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。
二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、1日程度前後することがあるからです。
2022年の大雪は、12月7日から12月21日です。
なお、大雪といっても、大雪(二十四節気の第21)から冬至(二十四節気の第22)までの期間をさす場合と、「今日は大雪です」のように大雪に入る日をさす場合があります。

大雪とは?2022年はいつ?意味・風習や過ごし方を解説

このように雪が降りはじめ、本格的に冬が始まる頃とされています。

厚岸シングルモルトウイスキー大雪の特長

厚岸シングルモルトウイスキー大雪

今回の樽構成はいまのところ不明ですが、ティスティングノートは柑橘系のフレーバーが中心となっています。

商品の説明には、

湿原のピート層を通過し、豊かな栄養を湛えるホマカイ川。
厚岸ウイスキーの仕込みに用いるその水はとても清冽で、故郷に帰る鮭の群れが透けて見えるほどです。
厚岸モルトで心身を温めて、長い冬に備えませんか。

堅展実業株式会社 厚岸蒸溜所 Facebook

とあり、冬に備えて心身を温めてくれる1本になってくれそうです。

公式テイスティングノート

 

はっさく・みかん・レモン様の柑橘、ダージリンティ、ハチミツ、黒糖、スミレの花、オレンジ・みかん様の甘みと酸味、醤油、ハーブ、バターブレッド、ホワイトペッパー、ライムピール、完熟みかん様の甘み

容量700ml、アルコール度数55度

厚岸 シングルモルト 大雪 55度 700ml

榎商店STAFFより

過去にリリースされてきた二十四節気シリーズのシングルモルトは、

  • 「寒露(第一弾)」はピート感
  • 「芒種(第三弾)」はコクのある甘みとピート
  • 「立冬(第五弾)」は濃厚な甘さベース
  • 「清明(第七弾)」はフルーティーさ&苦みとドライな味わい

で季節が表現されてきました。

今回は柑橘系のニュアンスがメインな中にも、ハチミツや黒糖といったニュアンスが見受けられます。

清冷さを思わせるようなニュアンスが見えるため、どのような味わいになるのか、楽しみな1本です。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています