ザ・マッカラン12年と18年どちらがオススメ?

一度は飲んでみたいウイスキーのマッカラン。

シェリーオークの定番としては、「ザ・マッカラン12年シェリーオーク」と「ザ・マッカラン18年シェリーオーク」があります。

今回はどちらがおすすめかについて考察していきたいと思います。

 

ザ・マッカランとは?

シェリー樽の熟成が特徴のマッカラン。

シングルモルトのロールスロイスとも言われており、世界中のブレンダーからの評価も高いブランドです。

大麦麦芽は基準を満たす一級品を使用し、樽は、少なくとも12~18ヵ月間じっくりと寝かせたオロロソシェリー樽を使用しています。

 

ザ・マッカラン12年シェリーカスクの特徴

「ザ・マッカラン12年」はマッカランの中でもスタンダードなアイテム。
迷ったときはまずはこれから。

華やかでラグジュアリーな味わいが特長。

厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用した、フルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴のシングルモルトウイスキーです。

テイスティングノート

  • 香り:バニラにほのかなジンジャー、ドライフルーツ、シェリーの甘さ
  • 味わい:濃厚なドライフルーツとシェリー
  • 余韻:トフィーの甘さ、ドライフルーツにウッドスモークとスパイスが感じられる。

マッカラン12年シェリーオーク

 

ザ・マッカラン18年シェリーカスク

「ザ・マッカラン18年」は世界中で高い評価を受けるマッカランの象徴的ウイスキーです。

18年は濃く、華やかなため、飲んだときの至福感が味わえます。

飲み方はまずはストレートでその奥深さを味わってください。

テイスティングノート

  • 香り:強いフォライフルーツ・ジンジャー・スパイス
  • 味わい:リッチなドライフルーツにスパイス、オレンジとウッドスモーク
  • 余韻:熟した果実。甘いトフィーの長く力強い余韻。かすかなジンジャーやウッドスモーク

マッカラン 18年

 

おすすめは?

はじめてマッカランを飲む場合や、手持ちに余裕がない場合は12年を。

ギフトや特別な機会には18年を。

やはり一度は18年を飲んでいただきたいのですが、18年は現在流通量が少なく高値で推移しており、12年に比べると価格にかなりの開きがあります。

ちょっと気軽に購入できる額でもなくなってきました。

でも、もしマッカランに挑戦するのでしたら、まずはシェリーオークシリーズに挑戦してみてください。

近年、シェリー樽以外のものを使った様々なアレンジシリーズがリリースされており、18年よりは安かったりしますが、内容を考えると案外高値だったりします。(限定モノ除く)

中途半端な味で高値なものに手を出すぐらいでしたら、もうすこし頑張ってこれらのシェリーオークシリーズの方に挑戦することをオススメします。

その至福感は何者にも代えがたい味わいになると思います。