アードベッグ アン・オー

私はアードベッグが大好きなんですが、今回始めてAN OA(アン・オー)を購入しました。どうやら甘口やわらかなスモーキーというので期待値上がりまくりです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

アードベッグ アン・オーの感想

まずアン・オーの特徴から書いておくと、熟成に甘口シェリーのペドロヒメネス樽を使っているということで、なかなかの甘口になっているのではないでしょうか。

アードベッグのレギュラーボトルの中ではSNSなんかでも見かける事が少ないような気がします。私は逆にそこが気になってしまってTENからのウィービースティそしてアン・オーという順番になりました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

3種の樽(バーボン樽、PXシェリー樽、新樽)の原酒を、時間をかけてゆっくりとなじませることによる、角の取れた丸みのある味わい。スモーキーさと甘さが同居する複雑さが特徴です。

まろやかでスモーキー。林檎の木を燃やしたような香りと、トフィーやアニスシード、糖蜜やデーツのクリーミーなノート。桃やバナナのみずみずしい果実香。加水すると、ライム、松ヤニ、ウイキョウ、石鹸、タールといった、アードベッグ独特のアロマが現れる。香りの良いロウソクのような、優しいワクシーさとクリーミーさ。スモークしたハーブ。潮っぽい海と海藻の香りが最後に現れる。なめらかでクリーミーな質感。シロップのような甘さ、ミルクチョコレート、糖蜜のトフィー、アニスシード、オレンジ、スモーキーな紅茶の葉、ナツメグやシナモンなどの甘いスパイス、葉巻の煙、グリルしたアーティチョークの風味が現れる。ウッディーさと優しいナッティーさが終始感じられる。甘いフローラルなトーン、ミントトフィー、ビスケットのような優しいノート。
引用元:世界が熱望するアイラモルト ARDBEG

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

アードベッグ アン・オー ストレート

アードベッグ アン・オー ストレート

グラスに注いで直ぐの香りはやはりスモーキーではありますが、確かにまるくなった印象を受けますね。テイスティングノートに書かれている「りんごの木を燃やしたような」はわかんないですが、甘い香りを感じます。

あとはバナナよりも桃という気がします。甘く柔らかなスモーキーさもいいですね。

口当たりは滑らかですね。味わいは甘味が強くジワーッとスモーキーさとスパイスが出てくる感じです。甘味はシロップといいますか本当に糖という表現があってる気がします。あと私が感じたのはほんの少しですがレモンのような柑橘系の酸味があります。

トータルしてピート、煙は抑えめで甘味が強くなった感じですね。

アードベッグ アン・オー ハイボール

アードベッグ アン・オー ハイボール

アードベッグ アン・オーはハイボールにするとスモーキーさがまずきて、レモンのような酸味とぶどう感、そして全体的にはビターな味わいです。

甘味はストレートよりも軽減されますね。そして海藻感も味わえるのでやはり食中酒として抜群だと思います。辛い料理とも相性がよくグイグイ飲んじゃいます。

まだTENと飲み比べてはいないのですが、ハイボールめちゃくちゃ美味しいです。

最後に私的総評

「アードベッグにはパワフルなスモーキーさが欲しい」と思われる方も多いでしょうね。そういう方には少し大人し目な印象です。

ただストレートで飲む時に私はなかなか好みでしたね。
私の場合寝室にデスクを置いてブログの記事を書いたり、ストレートでチビチビ飲んでいるので香りが若干まるくなったアン・オーはなかなか助かります。

ダイニングで食事をしながらだと、やっぱTENが美味しいですよね。
食後酒としてや、軽く飲みたい時に活躍するボトルだと私は感じました。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/