世界5大ウイスキー

ウイスキーは世界5大ウイスキーと呼ばれるウイスキーがあります。今回はこの5大ウイスキーの特徴をえのき先生に解説してもらいましょう。

世界の5大ウイスキー

ウイスキーを知るには世界の5大ウイスキーの個性を知る必要があるんじゃ。
ウイスキー好きの基本中の基本ではあるんじゃが、今回は5大ウイスキーについて解説していこうと思う。
えのき先生
えのき先生

世界の5大ウイスキーを名前と産地でリストにしてみます。

  • スコッチウイスキー(スコットランド)
  • アイリッシュウイスキー(アイルランド)
  • アメリカンウイスキー(アメリカ)
  • カナディアンウイスキー(カナダ)
  • ジャパニーズウイスキー(日本)

これらの国で作られるウイスキーは評価が高く、違った個性でウイスキーファンを唸らせています。それでは、各ウイスキーの特徴について解説していきます。

スコッチウイスキーの特徴

スコッチウイスキー

スコットランドで作られるウイスキーでモルトウイスキー・グレーンウイスキーが主で作られています麦芽を燻して乾燥させる際にピート焚く事でのスモーキーな風味が特徴。

モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜて作るブレンデットウイスキーが主流なのですが、シングルモルトが現在人気です。

シングルモルトとは大麦麦芽(モルト)だけを使ったモルトウイスキーだけを瓶詰めしたものなんじゃ。
別にグレーンウイスキーはとうもろこし・小麦等を使って作られているんじゃよ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
そういう事なんですね。
そしてモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜたものが、ブレンデットウイスキーになるんですね。
スコッチの定義といえば他にも英国の法律で定められた定義があるんじゃが、そんなマニアックな情報は、また後日に解説するとしようかの。
えのき先生
えのき先生

アイリッシュウイスキーの特徴

アイリッシュウイスキー

アイルランドで作られるウイスキーで、主な種類はモルトウイスキー・グレーンウイスキーの他にポットスチルウイスキーがあります。

ポットスチルウイスキーとは、3~4種の穀物を使いポットスチル(単式蒸留器)で3回蒸留を行う伝統的な製法で作られたものなんじゃ。
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
蒸留回数が多いとどうなるのかニャ?
蒸留回数少ないほど風味が残り、蒸留回数が多いほどアルコール度数があがるんじゃよ。
このポットスチルで蒸留すると、1回につき度数が元の液体の約3倍にもなるそうじゃ。
3回蒸留したら、かなり度数は高くなるんじゃ。
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
そんな度数が高くても飲めるのかニャ?
樽で熟成させる時にアルコール度数が高すぎると不向きじゃから、水で薄めて熟成させるんじゃよ
えのき先生
えのき先生

アメリカンウイスキーの特徴

アメリカンウイスキー

アメリカで作られるオークの新樽で熟成させるバーボンが有名。その他の種類としてはテネシーウイスキー・コーンウイスキー・ライウイスキーがあります。

バーボンウイスキーの原料にはトウモロコシ・ライ麦・小麦・大麦麦芽が使われています。これらの混合割合によって味わいに個性が出てきます。

バーボンの定義として原料の51%以上がトウモロコシと決められています。また51%以上がライ麦ならライ・ウイスキー、トウモロコシが80%以上ならコーンウイスキーとなります。

テネシーウイスキーはテネシー州で作られるバーボンウイスキーで、チャコールメローイング製法を使うなどの要件があります。

バーボンはスコッチと並び有名じゃな。
味の特徴の決め手が、原料の混合比率というのが非常に面白いんじゃ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
比率の違いでどんな変化があるんですか?
とうもろこしが多いと甘くまろやか、ライ麦が多いとスパイシーになるんじゃよ
えのき先生
えのき先生

カナディアンウイスキーの特徴

カナディアンウイスキー

カナダで作られるクセが少なく飲みやすいウイスキー。種類はフレーバリングウイスキー・ベースウイスキーでカクテルのベースにもよく使われます。

フレーバリングウイスキーとは、アメリカのバーボンに近いのが特徴です。一方ベースウイスキーはとうもろこしが主原料で、マイルドでクセがないのが特徴です。

この2つが原酒となり混ぜ合わせたブレンデットウイスキーが、カナディアンウイスキーなのです。

クセがないので飲みやすいという事で、ウイスキー入門用におすすめできるのがカナディアンウイスキーの最大のウリかもしれんのぉ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
私の勉強不足なんですが、あまり知りませんでした。
最近では蒸留所も増えているようじゃから、これから益々日本への流通量も増えるかもしれんのぉ
えのき先生
えのき先生

ジャパニーズウイスキーの特徴

ジャパニーズウイスキー

日本のウイスキーで、スコッチの流れを汲み、風味も近くなります。作られる種類もモルト・グレーンそしてブレンデットがメインです。製法もスコッチとほぼ同様です。

またミズナラを使ったミズナラ樽で熟成させたウイスキーに、高い評価がついています。

わかば
わかば
日本でもハイボールなんかでウイスキー人気が高まってますね。
そうなんじゃ。
それに近年ジャパニーズウイスキーの世界での評価も高いんじゃよ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
素晴らしいですね。

世界5大ウイスキーの楽しみ方

世界の5大ウイスキーの簡単な特徴をまとめてみましたが、言葉ではイマイチ解りづらいですよね。やはり一番違いがハッキリと理解できる方法といえば飲み比べになります。

飲み方はストレート、ロック、ハイボールとお好きな飲み方でそれぞれを楽しんでみましょう。香り味わいの違いが明確にわかってきます。

飲み比べが一番の楽しみ方じゃな。
思った以上に違いに気づくはずじゃ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
先生!
飲み比べやってみたいです。
ちーたくん
ちーたくん
5大ウイスキーの飲み比べは贅沢ニャ??
ちーたくん、自分に一番あったウイスキーを見つけるのには凄い近見なんじゃよ。
ただそれぞれの産地の中でも地方によって変わってくるからのぉ
えのき先生
えのき先生

ウイスキーは銘柄によって非常に特徴的なものが多いです。

世界5大ウイスキーを1つの銘柄を飲んだだけで判断するのは流石に乱暴ですが、スコッチ・アイリッシュ・バーボン・カナダ・ジャパニーズの大枠での特徴は感じられるはずです。

まとめ

今回は世界の5大ウイスキーの特徴について簡単にまとめてみたんじゃが、どうだったかの
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
製法の違い、味・香りの特徴も結構違うものなんですね。
これだけでは5大ウイスキーの基本的な事だけの紹介になってしまう。
またスコッチ・アイリッシュ・バーボン・カナディアン・ジャパニーズとそれぞれのウイスキーについて人気の銘柄なども入れながら記事にしていこうと思う。
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
早く一番のおすすめ教えて欲しいニャ

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら