アードベッグの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アードベギャンと呼ばれるファンがいるほどにコアなファンが多い『アードベッグ』。ここではアードベッグの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

 

アードベッグの歴史と蒸留所

アイラ島南岸に1815年に創業したアードベッグ蒸留所。アードベッグはゲール語で「小さい岬」の意味。
創業後マクドーガル家が運営していたが、20世紀には幾度となくオーナーが変わり1980年から9年間は完全に生産がストップしていたそうです。
そして1997年にグレンモーレンジィ社(現モエヘネシー・ルイヴィトン社)が買収して復活を遂げました。

麦芽のフェノール値が高く55〜65ppmとアイラモルトの中でも最も高い値です。

年間の生産量は140万リットル、そのうちの75%は自社のシングルモルトやブレンデッド用で、25%はバランタインやシーバスリーガルの原酒用となっています。

アードベッグの仕込水がそもそもピート色の強い水でエスプレッソコーヒーのような色と言われている。
ピートを焚く度合いにおいてもアードベッグたる所以じゃな。
えのき先生
えのき先生

アードベッグの種類と味の特徴

アードベックはクセが非常に強いんじゃ。ピート香、ヨード臭、スモーキーフレーバーが非常に強い。
しかしその中にほんのりとした甘さを感じるところが多くのアードベギャンを生み出してるのかもしれんのぉ。
えのき先生
えのき先生

アードベッグ ウィー ビースティー 5年

アードベッグ 5年 ウィー ビースティー

樽での熟成年数の経過とともにスモーキーさが溶け込むスモーキーモルトは、熟成年数の若いウイスキーほどスモーキーさが際立つといわれています。5年という若さにもかかわらず、パワフルでインパクトのある味わいは、「リトル モンスター」そのものです。

香りは黒胡椒のスパイシーさ、松油、煙。味わいはチョコレート、クレオソート、タールの風味、肉や潮の風味。

容量700ml・アルコール度数47.4度

アードベッグ10年

アードベッグ 10年

アードベッグのスタンダード。甘いけどスモーキー。洋梨、綿飴のような甘い香りにオレンジピールや酒粕のようなフレーバーも。

オイリーでほろ苦く、深いコクと柑橘。そしてヨード臭。口当たりは、最初少しぴりっとした刺激があり、その後重厚感が現れ甘美な味わい。

容量700ml・アルコール度数46度

アードベッグ ウーガダール

アードベッグ ウーガダール

ウーガダールは仕込水を引く湖の名前。シェリー樽熟成により温かみのある甘さを感じる。

香りはクルミのオイル、潮、スミレ、松葉。くすぶった炭火やなめした革の香り。スパイシーでスモーキーな風味に、燻製料理や糖蜜の贅沢な味わい。

容量700ml・アルコール度数54.2度

アードベッグ コリーヴレッカン

アードベッグ コリーヴレッカン

コリーヴレッカンはヨーロッパ最大の渦潮の名前。フレンチオークの新樽に由来するスパイシーさと、強烈なスモーキーさで力強い味わいのカスクストレングス。

香りはダークチョコレート、カシス、黒糖、熟したチェリーや松葉。ペッパーステーキのようなスパイシーさ。エスプレッソコーヒー、とろけるようなダークフルーツやアーモンドの味わい。

容量700ml・アルコール度数57.1度

アードベッグ アン・オー

アードベッグ アンオー

角の取れた丸みのある味わいと、スモーキーな香りとクリーミーな質感、繊細な甘さが同居する複雑さが特徴。アードベッグの入門としてもピッタリです。

香りは荒波と静かな入り江が出会うようにスモーキー。味わいはペドロヒメネス・シェリー樽の甘い香りを特徴とし、滑らかでクリーミー。

容量700ml・アルコール度数57.1度

アードベッグのおすすめの飲み方

アードベッグはロック・ストレートで飲まれる事が多いですが、ハイボールにしても美味しいです。ハイボールでも風味が壊れず、また香りは少し抑えられるためストレートで飲んで香りが気になった方はハイボールで飲みましょう。

アイラウイスキーはハイボールにしても風味が損なわれにくいんじゃ。
またスモーキーフレーバーから肉料理を食べながら飲むハイボールは最高の組合せじゃよ。
えのき先生
えのき先生

アードベッグの選び方

アードベックの選び方としては、やはりスタンダードのアードベッグ10年。ただアードベッグを初めて飲む方は「アードベッグ アン・オー」がおすすめです。

アードベッグ アン・オーはスモーキーな香りにペドロヒメネス・シェリー樽の甘い香りを特徴とし、滑らかでクリーミーな味わい。
アードベッグファンには少し物足りないかもしれませんが入門用としておすすめです。

アードベックは非常にスモーキーでピート香、ヨード臭を感じるアイラモルト。
他のアイラモルトにボウモアやラフロイグ、そしてアランといった豪華な顔ぶれの中で特にアードベギャンというファンがいるほどのウイスキーなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

お酒擬人化プロジェクト「ベッグ」

榎商店では「お酒擬人化プロジェクト」として、色々な銘柄の特徴を性格に現してキャラクター化する取り組みを行っています。

そしてアードベッグのイメージキャラクター「ベッグ」を発表致しました。アードベッグの特徴を知りたい方やアードベッグ好きの方は是非ご覧になってみてください。

えのき商店 STAFFより

アードベッグは当店でもラフロイグやボウモアと共に人気のアイラモルトです。特にアードベッグ10年は人気で売れ筋のボトル。

一度ハマれば抜け出せないほどの個性、強烈にアイラの特徴が楽しめる素晴らしい銘柄です。

アードベッグのシリーズごとの違いに関しては、当店女性スタッフがYoutubeで解説していますので御覧ください。

ウイスキー 商品一覧はこちら