バランタインファイネスト

ブレンデッドスコッチ不動のTOP3を担うバランタインの入門ボトル「バランタイン ファイネスト」。ハイボールで飲んでみると一体どんな味なのかを知りたくてミニボトルを購入し飲んでみました。

バランタイン ファイネストの感想

ウイスキー初心者が最初に手に取る1本としても、まぁよく紹介されているのが「バランタイン ファイネスト」ですが、実は私はまだ飲んだことがなかったんですね。

ちょっと連休を利用して色々な銘柄を飲んでみたいと言うことで、入手しやすくリーズナブルなバランタイン ファイネストのミニボトル(200ml)を購入してみました。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

スモーキー香や木香を強めて個性とするのではなく、どこまでも豊かでなめらかな風味を求めて40種類におよぶモルト原酒をブレンドしたスタンダード・スコッチ ― それが、ファイネスト。
ライトでもヘヴィーでもなく、飲むほどに魅了される気品を備えたスコッチ。
香り:バニラ、蜂蜜を思わせる甘く華やかでバランスの良い香り。
味わい:どこまでも豊かでなめらかな味わい。
フィニッシュ:複雑でまろやか。
引用元:バランタイン ファイネスト Ballantine’s 香るウイスキー バランタイン

今回は色々と飲み比べをしたかったので、デュワーズ・ホワイトラベルとバランタイン・ファイネスト、そしてジョニーウォーカー・レッドラベルをハイボールで飲みました。

ここではハイボールの感想と他の2つに比べて簡単にまとめます。

バランタイン ファイネスト ハイボール

バランタインファイネスト ハイボール

飲み口はまろやかで少し甘みを感じつつ、若干の本当にかすかにスモーキーさを感じました。ただこのスモーキーさは飲む順番は重要だと思ってて、私はデュワーズホワイトラベルをまず飲んでバランタインファイネスト、そしてジョニーウォーカーレッドラベルを飲みました。

先にジョニ赤飲んでたらスモーキーさは感じなかったかもしれません。

香り味ともにフルーティという感じではなく、バニラっぽいなめらかな甘さを感じました。ただハイボールという事もあるのと、少し濃く作ったのでビター感もあります。

ジョニ赤に比べクセが抑えられたという感じですかね。

最後に私的総評

クセが少なくスムースで飲みやすいので、確かにウイスキーを飲み始める方でも飲めそうかな。逆にちょっとウイスキーに慣れてきた方にはちょっと物足りなさを感じそうではありますが、そこがバランタイン ファイネストの良さでもあるのかな。

今回はハイボールだけ飲んだのですが、飲みやすいからどんどん飲めちゃうので、200mlはあっという間に無くなりますね。

今回飲み比べした3銘柄の中ではフルーティなデュワーズ ホワイトラベル、ど真ん中のバランタインファイネスト、スモーキーなジョニーウォーカーレッドラベルという感じでした。

いずれもミニボトルがあるので是非飲み比べしてみてはいかがでしょうか。気に入った銘柄のフルボトルを購入したり、更に上位のヴィンテージを購入すればさらに楽しめますね。

榎商店の各店舗はこちら