ニッカセッション レビュー

今年初めて購入したボトルがこの「ニッカ セッション」なんですが、結構目にかける事も多くなりました。飲み方によって味の印象が結構変わるという事を聞いてすごく楽しみにしてました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ニッカ セッションの感想

開封直後でも甘く飲みやすい。というのが私のファーストインプレッション。フルーティさとバニラ感そして若干のスモーキーさが感じられる面白いブレンデッドモルトです。

ちなみセッションに使われている原酒は、余市、宮城峡、そしてニッカ所有のスコッチ「ベンネヴィス」です。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ワールドブレンデッドモルトであるニッカウヰスキー セッション。SNSでもテイスティングレビューが非常に多く見られました。

香りはオレンジやりんごのような爽やかな香りとモルトの甘さと香ばしさ。樽由来のおだやかで心地よいバニラ香。
味わいはなめらかでクリーミーな口当たり。オークの甘さと調和したフルーティーで軽やかな味わい。
余韻はほのかにビターな味わいとピートの余韻がゆっくりと広がる。
引用元:Session|NIKKA WHISKY

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ニッカ セッション ストレート

ニッカセッション ストレート

香りは最初にパッと感じるのはバニラの甘い香り、そしてバニラの中にリンゴのような爽やかさも感じます。バニラの甘さだけでなくモルトの甘みも感じているのか少し香ばしい甘さの感じも受けました。

味わいは最初にほんの少しのアルコールのピリッと感はありますが、飲みにくいということはなくスッとなめらかな甘さとフルーティさがあります。最後にほんの少しピート感がアクセントのように感じられました。

とにかくバニラの甘さをすごく感じるので、非常に飲みやすくストレートでもスイスイ飲めちゃう感じですね。非常に美味しいです。

ニッカ セッション セッション・ソーダ

ニッカセッション セッション・ソーダ

公式ページでも紹介されているセッション・ソーダ、セッション1に対しソーダ3と紹介されています。

ソーダ割りにしてもバニラ感は残り、リンゴのフルーティさそして少しビター感がでてきます。最後にちゃんとピートが感じられるのはいいですね。バニラ感とピート感って面白いなぁと思いました。ピートの感じもやさしく感じる程度なので気にはならないですね。

非常に飲みやすいハイボールなので、和食なんかをおつまみにしても合いそうかなと感じました。この時は焼き鳥を酒肴に飲んだのですが塩の味が最高にセッションソーダを進ませました。

最後に私的総評

フロム・ザ・バレルのようなインパクトは無いものの、飲み手をやさしく包み込むという印象ですね。尖ったところは全く無く残念に感じる方もいるかもしれませんが、この価格でこの香り、味わいなら最高です。

最近ハマってるのが以前SNSでも投稿したのですが、グレンケアンのテイスティンググラスに30ml程度のセッションに対して氷なしで炭酸水を入れて一気に飲む寝酒です。

この炭酸水を好みでジンジャエールに変えたりと楽しんでもいいですね。最近ちょっとセッションにドハマリしています。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/