ジョニーウォーカー グリーンラベル15年とブラックラベル12年飲み比べ

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年とジョニーウォーカー ブラックラベル12年を飲み比べてみました。どちらもレギュラーボトルで入手もしやすいですよね。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年とブラックラベル12年のストレート比較

まずはストレートで飲み比べをしてみました。

グリーンラベルは15年熟成という事もありまろやかさを感じます。そしてちょっと草っぽいニュアンスを感じますね。ブラックラベルのほうが若干ですが甘味が強いのかな。

どちらも若干のスモーキーさも感じられますが、どちらかと言えばグリーンラベルのほうが濃厚かもしれません。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年とブラックラベル12年のハイボール比較

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年とブラックラベル12年 ハイボール

ハイボールで飲んでみるとグリーンラベルの方は青りんごっぽさが強く、ブラックラベルの方がレーズン感のようなドライフルーツっぽさを感じます。

ハイボールにしたほうがスモーキーさをより感じるのはブラックラベルで、グリーンラベルの方はハイボールにするとよりライトな感じな気がします。

どちらが好みだったか

私が飲んでみた感想ではストレートやロックで飲むならグリーンラベル、ハイボールにするなら12年かな。でも結構違いがあり、グリーンラベルのハイボールは白州のような感じに近くてスッキリと爽快という印象です。

ストレートで飲んだ時は15年の方が濃厚な気がしたのに不思議な感覚。

ただグリーンラベルの方はブレンデッドモルトでグレーンが入っていないので、その違いもありますよね。

本来であればグリーンラベルと比べるべきはスペイサイドオリジンなんですが、全部飲んじゃった。

ブラックラベル、グリーンラベル共に非常に使い勝手が良いボトルですね。この味わいでこの価格ならというコスパは良いと思います。