KAVALANバーボンオーク レビュー

KAVALANは先日ディスティラリーセレクトNo.1を購入した以外では、クラシックとコンサートマスターの試飲をさせて頂いたくらいですね。ちょっと高額の印象なんですが、KAVALANバーボンオークの50mlを買ってきました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

KAVALANバーボンオークの感想

KAVALANと言えばトロピカルフルーツ系の香りと短期間で熟成の影響を受けるという台湾の人気ウイスキーでコンペティションで多くの賞を受賞していますよね。

バカ舌、バカ鼻の私は、以前クラシックとコンサートマスターを飲んだ時にはさほど気づかなかったのですが、今回バーボンオークを飲んで濃厚さに驚嘆しました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

風味や口当たりはバーボン原酒とはやや異なりますが、バーボンカスク特有のバランスの取れた香りとまろやかさはそのままです。

自然の甘さがあり、バニラやオーク(材)の香りがバランスよく口の中に広がり、とてもまろやかで、シルクのような滑らかな口当たりです。フレッシュなトロピカルフルーツの香りとココナッツ、バニラやウッドスパイスの香りが織り成す豊かで複雑な味わいです。
引用元:Kavalan Whisky

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

KAVALANバーボンオーク ストレート

KAVALANバーボンオーク ストレート

このKAVALANバーボンオークはアルコール度数が54%と高く、カスクストレングスなんでしょうか。その分凄く風味が強く感じられます。

香りですが、高いアルコール度数でアルコール感も感じますが、それ以上に青りんご、はちみつといったバーボン樽熟成香が素晴らしい。グラスに入れて少し経てば甘いフルーティな香りがより楽しめます。そして最初は青りんごだった香りも、甘い南国系フルーツの香りのように感じるようになりました。

実際にここまで香りを感じたのは初めてかも。私が慣れてきたというよりもKAVALANの熟成香が凄いんだと思います。

味わいは口当たりはなめらかですね。アルコールのピリッとした刺激は若干感じるもののバニラのような甘みが強いです。甘さが伸びて、そして余韻にかけて徐々にビター感を感じますね。

ちょっと私の中で一気にトップクラスで美味しいボトルとなりました。

KAVALANバーボンオーク ハイボール

ハイボールで飲んでみてもしっかりと甘さを感じます。ビター感はもちろん強まりますが、それがまたスッキリ飲めてハイボールと非常に相性がいいですね。

アルコール度数が高いので、ガンガン飲むと危ないですが味が凄く濃いので美味しいですね。

食中酒としてハイボールは凄く美味しいと思います。ただ結構高価格なのでおすすめはやはりストレートかな。

最後に私的総評

近々購入するリストに「KAVALANバーボンオーク」が入りました。というくらい美味しいです。香りと味の濃さ、そして甘さが最高ですね。

甘いお酒好きだけどシェリー感は苦手という方は、迷わずKAVALANバーボンオークでいいんじゃないでしょうか。

普段飲み用として次々購入することは出来ませんが、長いウイスキー人生の中で1本くらいは買いたいなぁと思わされましたね。そしてKAVALANバーボンオークがこれほど美味しいなら「カバラン ソリスト バーボンカスク カスクストレングス」はどれほど美味しいんだろうか。

私の中でソリストへの関心が一気に高まりましたね。