樽の熟成と熟成期間でどうなるの?

ウイスキーは工程の中で蒸留させたものを木樽で熟成させます。

この樽の熟成によってもたらされる効果について、えのき先生に解説して頂きましょう。

 

木樽での熟成によるウイスキーの変化

ウイスキーを木樽で熟成させる事によってウイスキーには様々な変化がでるんじゃ。
その変化こそがウイスキーの楽しみなんじゃよ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
先生、具体的にどのような変化が起こるんですか?
では1つずつ解説してみよう
えのき先生
えのき先生

 

色の変化

透明のウイスキーってあるの?ウイスキーの色の秘密』という記事で解説したとおりですが、醸造酒を蒸留させた時点では無色透明の状態です。

それを木樽の中で長い間熟成させる事で、木樽の色がウイスキーに滲み出て琥珀色の美しい色が付着します。

そうそう、先日無色透明のウイスキーはないのか解説したのぉ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
はい!
熟成前のウイスキーは「ニューポット・ニュースピッツ」と呼ばれるんでしたよね。
そうじゃ。
ニューポットウイスキーの楽しみ方についても先日解説しておる。
えのき先生
えのき先生

 

ウイスキーの風味の変化

ウイスキーを長い年月熟成される事での効果は、味わいや香りにも大きく変化をもたらせます。

簡単に解説すれば味の深みが増し甘みが出てきます。

またニューポットに含まれる香り成分の増加・木樽の香りといった要因で、香りにも深みが増します。

では木樽による香りの特徴を簡単にまとめます。

  • オーク樽:ココナッツやバニラのような香り
  • バーボン樽:バニラ・カラメルのような香り
  • ミズナラ樽:キャラメルのような香り

 

バーボン樽は新品の樽をバーナーで焦がしてから熟成させる事から、ちょっと焦がしたようなまさにカラメルの香りに近く感じます。

樽による香りの付着もありますが、ウイスキー自体が熟成による化学反応でエステルという物質がうまれます。

その香りの特徴として紹介されるワードが、「フルーティ」であったり「フローラル」で表現されます。

これらの香りの成分が複雑に絡み合って、ウイスキーの個性となります。

ウイスキーの風味の変化は、樽と熟成時に生まれるエステルのおかげなんじゃよ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
エステルという物質がすごく重要なんですね。

 

熟成期間での変化

ウイスキーは、熟成させる期間によって当然味や香りに変化が出ます。

この熟成期間が長いウイスキーほど色は濃くなり、甘みが増します。

ということは、熟成期間の短いウイスキーほど刺激的な味わいで長く熟成させたものほどまろやかな味わいになります。

ここで豆知識なのですが、ウイスキーには12年物・18年物といった表記がありますが、これは12年間熟成させたものという事ではありません。

ウイスキーの味や香りを変わらず提供するために、原酒を混ぜ合わせ(ブレンデッド)瓶詰めします。

この時12年以上熟成させた原酒ばかりで作れば、12年物となります。

例えば12年熟成させたものと50年熟成させたものを混ぜ合わせた場合も、12年物という表記になります。

熟成期間が長いほど手間暇がかかるから高価になるだけじゃなく、その高価もしっておく必要があるんじゃな
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
30年物なんてどんな感じになるんでしょうか
ちーたくん
ちーたくん
凄く気になるニャ

 

まとめ

今回はウイスキーの熟成でもたらされる効果、樽の違いでの風味の違いなんかを簡単にまとめてみたけど、ちーたくん解ったかの?
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
先生。完璧ニャ。
わかば
わかば
同じ銘柄のウイスキーでも表記に「○年物」と書かれる理由もわかりました。
それならいいんじゃ。
ウイスキーにはまだまだ色んな秘密があるんじゃ。
少しずつ豆知識として知ってくと、ウイスキー選びに役立つんじゃよ。
えのき先生
えのき先生