ワイン樽熟成のウイスキーおすすめ銘柄10選 シングルモルト編

最近ジョニーウォーカーのワインカスクをSNSでよく見かけます。

今回はこの流れに便乗致しまして、ワイン樽熟成(後熟含む)のウイスキー(シングルモルト)を10銘柄ご紹介したいと思います。

 

ワイン樽熟成ウイスキーの特徴

スコッチの熟成で利用されるワイン樽の中で今回はポートワイン樽、マデイラワイン樽、ソーテルヌワイン樽を中心にまとめてみます。

 

大きな特徴としてはワイン樽で熟成(後熟)されたウイスキーは、ワインの酸味であったりぶどうの甘味・果実香などが楽しめます。

フルーティなウイスキーだけでなく、スモーキーなウイスキーの後熟で使われることもあり、スモーキーさとワインの酸味・甘味でクリーミーなスモーク感を感じます。

 

ポートワインとポートワイン樽熟成ウイスキー

ポルトガルの北部で造られる酒精強化ワイン。

ポートワインはアルコール発酵中にブランデーを添加、糖分のアルコール発酵がとまりぶどうの甘味が強いワインになっています。

このポートワインの熟成に使用した樽をウイスキーの熟成(後熟)に使ったウイスキー(スコッチ)を紹介します。

 

グレンモーレンジィ 14年 キンタルバン

グレンモーレンジ 14年 キンタルバン

バーボン樽での熟成の後に、ルビーポートワイン樽で追加熟成。

香りはフルーティーでフローラル、酸味のあるオレンジがふわりと香ります。

濃厚なダークチョコレートをかすかに感じます。

味わいは濃厚でなめらかな口当たりにミントチョコレートが包み込むように広がります。

 

ラフロイグ ブローディア

ラフロイグ ブローディア
ラフロイグ ブローディアシリーズ第2弾、バーボン樽で熟成後、ルビーポート樽で後熟している。

ラフロイグの特徴とも言えるスモーキーさの中にベリー系の酸味・甘みを感じる穏やかさが絡み合っている。

 

タリスカー ポートリー

タリスカー ポートリー

アメリカンオークとヨーロピアンオークのリフィル樽で熟成させた原酒とヘヴィリーチャーした(内側を強く焦がした)樽で熟成させた原酒をバッティングさせ、ポートワイン樽で追加熟成。

香りは完熟したプラムのような甘さに、枯れ木を燃やしたようなスモーキーさ。

味わいはタリスカーの特徴である黒胡椒の風味が表れ、その後ピートの風味が押し寄せる。

スパイスとぶどうの風味が入り混じったようなクリーミーなスモーキーさが美味しい。

 

キルホーマン 2014 ポートワインカスク 5年

キルホーマン ポートワインカスク

全ての期間ポートワインカスクで熟成することで完熟ベリーの甘味が、キルホーマンのスモーキーなフレーバーと見事に調和。

香りは力強いスモーキーさと奥からレーズン、オレンジゼスト、バニラ 、ミックスフルーツ。

味わいはオイリーでクリーミー。

完熟ベリー、バナナシェイク、ミルクチョコレートといった豊かな甘味。

 

 

マディラワインとマディラワイン樽熟成ウイスキー

マディラワインはアフリカのモロッコ沖マデイラ島(ポルトガル領)で造られている酒精強化ワインです。

ブランデーを加えるタイミングによって辛口から甘口のコントロールし様々なシーンで使えるワインを製造している。

このマディラワインの熟成に使用した樽をウイスキーの熟成(後熟)に使ったウイスキー(スコッチ)を紹介します。

 

キルホーマン 8年 2011 マディラ カスク

キルホーマン 8年 2011 マディラ カスク

アイラ島産ピートを焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用したキルホーマン原酒をマデイラカスクで後熟した8年熟成。

香りはエレガントでフルーティ。

ストロベリーチョコレート、木苺、サルタナレーズンと共に塩キャラメル、スモーク。

味わいは力強いスモークとたっぷりのレッドベリー、カスタードクリーム、焼き菓子。

 

 

ソーテルヌワインとソーテルヌワイン樽熟成ウイスキー

ソーテルヌはフランスボルドーの貴腐ワイン産地で、貴腐ぶどう(高糖度の特別なぶどう)から造られる極甘口の白ワイン。

デザートワインであるソーテルヌワインを熟成した樽をウイスキーの熟成(後熟)に使ったウイスキー(スコッチ)を紹介します。

 

グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスク

グレンモーレンジ ネクタードール ソーテルヌカスク

バーボン樽で10年間熟成した後、ソーテルヌワイン樽で2年間追加熟成。

香りはレモンクリームをのせたタルト、ライムピール、オレンジピール、バニラのアロマ。

味わいはデザートのような甘美な味わい絹のような滑らかさ。

 

 

その他のワイン樽熟成ウイスキー

その他のワイン樽を熟成に使用したウイスキーをピックアップします。

ボウモア 26年 ヴィンナーズトリロジー 赤ワインカスク

ボウモア 26年 ヴィンナーズトリロジー 赤ワインカスク

ヴィンナーズトリロジーはボウモアのワインカスクフィニッシュシリーズ。第二弾はバーボン樽で13年熟成させ、その後ボルドーの小型のワイン樽で13年熟成。

香りはレッドカラントのジャム、焼いたパイナップル、チェリーパイ、スモーキーな香り。

味わいはオーク、スパイシーな煙、ブランデー漬のチェリー、潮気が口に広がります。

 

グレンモーレンジ レジェンドシリーズ カドボール

グレンモーレンジ カドボール

バーボン樽の原酒をフレンチスイートワイン樽で後熟。

香りは甘く主張してくる。温泉まんじゅうの皮、マジパン、バタークリーム。

味わいはライトボディ。バニラクリームのかかったドーナツ。ハチミツレモン。

 

グレンギリー ワインカスクマチュワード

グレンギリーワインカスク マチュアード
香りはダークチェリーやチョコレート、オレンジピールを思わせる香り。

味わいははちみつやジンジャー、熟したフルーツのような味わい。

最後に甘くてスパイシーで、チョコレート、ブラブルス、ジンジャーの風味。

 

グレンギリー 1999 ワインカスクマチュワード

グレンギリー 1999 ワインカスクマチュワード

1999年に蒸留したグレンギリーの原酒を、ボルドーでも評価が高いラグランジュの樽で18年間熟成。

ダークチェリーやチョコレート、オレンジピールを思わせる香りと、はちみつやジンジャー、熟したフルーツのような味わい。

なめらかでスパイシーなオーク香の余韻。

 

ちょっと高額なワインカスク

通常の原酒をワイン樽で後塾させているものが多く、そのため価格も若干高めにはなっています。

シェリー樽系のウイスキーが好きな方は、今回ご紹介した様々なワイン樽で熟成されたウイスキーを是非試してみて下さい。

 

こちらも読まれています

 

ウイスキー商品一覧