カナディアンミストの味やおすすめの飲み方をご紹介

ブラウン・フォーマン社が製造するカナディアンウイスキー「カナディアンミスト」。ここではカナディアンミストの味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

カナディアンミスト蒸留所とは

1967年、ヒューロン湖の東にコリングウッドにバートンブラザーズ社がカナディアンミストの原酒を生産するためにカナディアンミスト蒸留所を建設しました。

しかし1971年にはブラウン・フォーマン社が買収し、造られた原酒をブラウンフォーマン蒸留所に運び、アーリータイムズ等を加えてブレンドしボトリングしているそうです。

カナディアンミストはアメリカでの人気が高く、カナディアンウイスキーの中でも販売量は4位なんです。

ベースウイスキーはほぼ100%トウモロコシ原料なんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

カナディアンミストの味の特徴

カナディアンミスト

3回蒸溜後にホワイトオーク樽にて熟成。

軽快でスムースな口当たりとまろやかですっきりとした味わいが特徴です。

容量700ml・アルコール度数40度

カナディアンミストのおすすめの飲み方

ストレート カクテル

カナディアンミストのおすすめの飲み方はストレート、ロック、そしてハイボールやカクテルベースとしてもおすすめです。

すっきりとした味わいでハイボール時には食中酒としても活躍します。ロックで飲むときはしっかりと冷やして飲んでも美味しいんです。

アーリータイムズの等を加えているので、コーラ割りにしても美味しそうじゃの。。
えのき先生
えのき先生

カナディアンミストをおすすめする方

カナディアンウイスキーの大きな特徴であるライトでスムースな飲み口から考えてもウイスキーを飲み始めの方でも飲みやすいウイスキーですね。

ちょっと上級者には物足りなさを感じるかもしれませんが、食中酒でハイボール用にいいかもしれませんね。

えのき商店 STAFFより

カナディアンウイスキーのファンも多く、あまり話題になることはないものの飲みやすく美味しいですね。

飲み疲れせず軽く飲めるのが食中に凄く愛称いいですね。価格的にもお手頃で試しに飲んでみるというのも買いやすいというのがいい。

いろんなウイスキーを飲んだけどカナディアンウイスキーはまだあまり飲んだことがないという方も多いのではないでしょうか、カナディアンミストはカナディアンウイスキー販売数第4位という実績があるので、かなりおすすめかと思います。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/