ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ レビュー

前々から気になっていたダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュを購入しました。キャップとコルクが外れるというハプニングもありましたが、なんとか開栓して飲むことが出来ました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュの感想

ダークネスについて少し説明すると、ダークネスシリーズはブティックウイスキーで有名なアトムブランズのボトラーズウイスキーです。

まぁボトラーズという事だけ知っておくといいですね。ちなみにボトラーズと言えどダークネス8年の価格は比較的入手しやすい価格帯で、Amazonなんかでは5000円程度です。

公式テイスティングノート

バーボンバレルで熟成後、50Lサイズのオロロソシェリーの空き樽で追加熟成を行った8年熟成

香りは芳醇なシェリー樽由来のアロマ、砂糖漬けのオレンジピール、ドライフルーツの甘い香りとチョコレート、ナッツ、シナモンやクローブ。味わいはレーズンとプルーンのフルーティさ、アーモンドクッキーの香ばしさとオークの味わい。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ストレート

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ストレート

香りはレーズン、チョコレート、シナモン、クローブがしっかりと感じられます。ドライフルーツの甘い香りというよりは、少しエグさのある濃厚なシェリー香で赤ワインに近い感じ方だと思います。

口に含むとレーズン、ナッツと麦の香ばしさ。そして甘いというよりは凄くドライでスパイシーさを感じました。

香り、味わい共に非常に濃厚なシェリー感であるにも関わらずゴムっぽさはないですね。

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ロック

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ロック

ロックにしてもしっかりシェリー感ありますね。若干甘味が強くなった気がします。余韻のチョコレート感がよく感じられ凄く美味しいですね。

ゴム感はやはりなくて、氷が溶けるとまろやかな甘さも感じられます。そしてスパイシーさもしっかりとあります。

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ハイボール

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ ハイボール

ハイボールにするとめちゃくちゃレーズン。私がこれまで飲んだハイボールの中ではレーズン感は一番かも。ほのかな甘さと少し苦味を伴うレーズン、スパイスからのスッキリとした余韻がいいですね。

これほど色濃いウイスキーはまぁハイボールに向かないと言われますが、めちゃくちゃ美味しいです。

ダークネス8年 シェリーカスクフィニッシュ 個人的評価

飲み方を買えると表情が結構変わりますが、どれも特徴的で美味しいですね。私の好みの飲み方はハイボールでした。

ハイボールでしっかりと感じたレーズンに驚きですね。食後酒として非常に優秀だと思います。

ちなみにこのダークネス8年はスペイサイドのモルト原酒が使われていますが、蒸留所は非公開。ただ調べてみるとモートラックだという意見もみられました。真偽のほどはどうなんでしょうね。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/