ダグラスレインのブレンデッドモルトで各地の特徴を味わう。

スコッチの産地別の特徴を知るのに手っ取り早いのは、各産地の代表的なモルトを飲むといいんですが、ダグラスレインのブレンデッドモルトが手っ取り早い気がします。

スコッチの産地とは

スコッチにはスペイサイド、ハイランド、ローランド、アイラ、アイランズ、キャンベルタウンと6つの地域に別れていて、それぞれが特徴を持っています。

6つの産地を知る上で、それぞれの代表的なシングルモルトを飲むことで産地の特徴を知るわけですが、例えば一つの方法がディアジオのクラシックモルトシリーズというのがあります。

クラシックモルトシリーズに関しては過去に記事にしているので気になる方は読んでみて下さい。

勿論これでも良いんですが、シングルモルト単体よりも分かりやすい方法はないかと考えていたところ「ダグラスレイン」のブレンデッドモルトを思いつきました。

ダグラスレインはボトラーズなんですが、キャンベルタウン以外の6つの地域別にシングルモルトをブレンドしたボトルをリリースしています。これがスコッチの地域を知るのに一番早いのではと思ったのでご紹介していきます。

ビッグピート(アイラ)

ビッグピート

ビッグピートはアイラ島の蒸留所であるアードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレン(閉鎖)をブレンドしたブレンデッドモルトです。

アイラの特徴であるヨードを感じるピートの香りの強さとスモーキーさ、それでいて口に含むと甘さを感じるのが特徴です。

ロックアイランド(アイランズ)

ロックオイスターから名称が変更されました。島々の蒸留所の原酒が使われていて、ジュラ、アラン、オークニーモルト、そしてアイラモルトで構成されています。

アイラモルトが入ってるのはちょっと想定外ですが、アイランズモルトの印象が強めなようです。甘さとスモーキーさ、そして潮っぽさが特徴です。

スカリーワグ(スペイサイド)

スペイサイドモルトだけをブレンドしていて、マッカラン、モートラック、グレンロセスを中心にしているようです。

シェリー樽熟成を経た原酒の使用により甘くスパイシーでフルーティな味わいが特徴です。

ティモラス・ビースティ(ハイランド)

ハイランドのモルトだけをブレンドしていて、ブレア・アソール、ダルモア、グレンゴイン、グレンギリーを中心に構成されています。

ハイランドらしい甘く、フローラルな軽やかさにスパイシーさ、蜂蜜等の柔らかな甘味が伸びていきます。

ザ・エピキュリアン(ローランド)

ローランドの代表的なモルトであるオーヘントッシャンとグレンキンチーを中心に構成されたブレンデッドモルト。

大麦、柑橘、ハーブにまろやかな砂糖の甘味がふんわりと口の中に広がります。余韻には若干のスパイス感や甘いフルーティ感が複雑に伸びていきます。

ゴールドロンズ(キャンベルタウン)

キャンベルタウンの代表的な原酒で構成されたブレンデッドモルト「ゴールドロンズ」

ドライな塩気と甘いシリアルが感じられ、後からかすかに穏やかなピートスモークが現れる。

えのき商店 STAFFより

ボトラーズはなかなか手が出しにくいという方も多いとは思いますが、初心者だからこそ手っ取り早くスコッチの特徴を知るのにはダグラスレインのブレンデッドモルトシリーズは良いと思います。

例えばこれらを一通り飲んでみて、その中から好きな地域の構成原酒を選んでみたり、有名な銘柄を試すのがおすすめです。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら