INAZUMA エクストラセレクテッド

長濱蒸留所公式ショップの抽選で見事に当たり購入した「INAZUMA エクストラセレクテッド」。日本初の国内蒸留所のモルトをブレンドして造られています。

では今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

INAZUMA エクストラセレクテッドの感想

まずはこのINAZUMAはどういうボトルなのかを簡単に解説すると、長濱蒸留所と三郎丸蒸溜所がお互いの蒸留所を訪問し原酒を選んで持ち帰り、独自にブレンドしたものです。

長濱蒸留所がブレンドしたものが「INAZUMA」、三郎丸蒸留所がブレンドしたものは「FAR EAST OF PEAT」という名前になっています。

そしてそれぞれが2種類のブレンデッドモルトを販売していて、INAZUMAだとシナジーブレンドが長濱蒸溜所で蒸溜したノンピートモルト原酒と、三郎丸蒸留所で蒸溜したピーテッドモルト原酒を組み合わせたジャパニーズウイスキーなのに対し、さらに海外の蒸留所の原酒を厳選して加えたワールドブレンデッドモルトが、今回私が購入したエクストラセレクテッドとなります。

これまで日本の蒸留所は違う生産者同士で原酒の交換をする習慣がなく、例えばサントリーの白州とニッカの余市のブレンデッドなんてなかった。言わば一つの快挙ですよね。そんな記念すべきボトルが購入出来て幸せものです。

では早速ですが、まずは公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

長濱蒸留所のホームページを見る限りではテイスティングノートは掲載されていませんでした。

長濱蒸溜所で蒸溜したノンピートモルト原酒と、三郎丸蒸留所で蒸溜したピーテッドモルト原酒に、慎重に吟味した海外産モルト原酒を加え、各々の原酒同士が補完し高めあう「エクストラ」な味わいを目指しブレンドレシピを構成いたしました。馥郁たるその風味を、心ゆくまでお愉しみください。
引用元:長濱蒸溜所×三郎丸蒸留所 日本のクラフト蒸溜所による初コラボウイスキー INAZUMA イナズマ | 長濱浪漫ビール

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

INAZUMA エクストラセレクテッド ストレート

INAZUMA エクストラセレクテッド ストレート

香りはバニラ、青りんごという感じですね。三郎丸蒸留所のピート感は私には感じられませんでした。甘くフルーティな香りの印象です。

味わいは柔らかい口当たりと甘味、やはり青りんごですかね。
フィニッシュには若干の苦味、ビターな感じですね。モルトの甘味が香りと味わいに出ていると思います。

開栓直後はピリピリ感がありましたが、数日おいてもう一度飲むとアルコール刺激はないですね。非常に飲みやすいです。

INAZUMA エクストラセレクテッド ハイボール

INAZUMA エクストラセレクテッド ハイボール

ハイボールでもやはり青りんごですかね。
はちみつのような甘味があり軽く飲みやすい。ビター感の感じ方がストレートよりも早くスッキリと飲める印象です。海外原酒は何を使っているのか判りませんが、勿体ないけどスイスイ飲めちゃう感じがいいです。

通常よりもちょっと濃い目で作った方が美味しいですね。因みにこちらでもピート感は感じられませんでした。バーボン樽熟成好きの私のような方にはおすすめですね。

最後に私的総評

もうちょっとピーティさを期待していたのですが、長濱蒸留所比率がやっぱり高いんですかね。ピーティさは感じません。ただその分柔らかい口当たりと、軽やかで甘く青りんごを想わせる爽やかさ、さらにはフィニッシュのビター感が素晴らしいです。

ピーティさが苦手な方にはうってつけのボトルだと思います。

因みにINAZUMAの方は長濱蒸留所、三郎丸蒸留所のいずれもバーボン樽熟成。FAR EAST OF PEATは三郎丸蒸留所がバーボン樽熟成で長濱蒸留所がアイラクオーターカスク熟成のようです。

ピーティさを求める方は「FAR EAST OF PEAT」、飲みやすいフルーティさを求める方は「INAZUMA」とすみ分けが出来てるんですね。

いずれにせよ日本では記念すべきボトルリリースだと思います。もし見かけた方は購入して損はないと思いますよ。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/