イチローズモルト ホワイトラベル

最近は価格も落ち着き入手しやすくなった「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」ですが、今こそ多くの方に飲んでいただきたいと言える銘柄です。

そこで実際に私が飲んでみて感じた事を簡単にですがまとめてみます。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベルの感想

イチローズモルト&グレーン裏ラベル

イチローズモルト&グレーンホワイトラベルはボトル裏のラベルにワールドブレンデッドウイスキーと明記されている、日本のモルトとグレーンだけでなく他の国の原酒も入っているブレンデッドウイスキーです。

開栓して直ぐはちょっとアルコール感が強い気がしましたが、開栓後1ヶ月ともなるとアルコール感はなくなり、甘く華やかな香りが最高です。

ではストレートとハイボールで飲んだときの感想を書いてみます。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル ストレート

イチローズモルト&グレーンストレート

香りは甘い砂糖菓子のような香りとリンゴのような果実系のフレッシュ感を感じました。このリンゴの爽やかさからなのかサラッとした香りでいつまでも鼻に残るという感じではないです。また樽からくる心地よい木の香りも感じられました。

味わいは口に入れた瞬間は少しビター感もありますが、チョコレートのような甘みも感じつつ、口に含んでいると柑橘系の香りも感じられます。

余韻は長くはないですが、甘くビターな余韻が続きます。

ストレートで飲んでも非常に飲みやすいですね。価格的にもお手頃なのでストレートを試してみたい初心者におすすめです。
ただし初心者の方は開封直後はアルコールの刺激を感じるので、少し開封してから時間をおいてストレートを試すといいでしょう。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル ハイボール

イチローズモルト&グレーンハイボール

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベルをハイボールで飲んでみると、ビター感が若干強くなりキリッとした印象。その中にもほんのりとした甘さと樽のスパイシーさが感じられ飲みすぎ注意です。

スモーキーさは感じないので非常に飲みやすいと思います。ビターチョコ系が好きな方にはドハマリする1本な気がします。

最後に私的総評

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベルは贅沢ですが是非ハイボールで楽しんで頂きたい。贅沢さを存分に味わえると思います。

また上記しましたとおり、ストレートでも非常に飲みやすい銘柄ですので、ストレートが苦手だなという初心者の方でも口に含んで楽しみやすい銘柄と感じました。

まぁストレートで駄目でもハイボールが凄く美味しいですからね。価格が落ち着いてきた今こそ狙い目の銘柄だと思います。

イチローズモルトの詳細情報はこちら

イチローズモルトの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

榎商店の各店舗はこちら

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/