レミーマルタン サントール XO レビュー

少し前に入手したブランデー「レミーマルタン サントール XO」。このクラスのブランデーは初めてなんですが、非常に美味しいと評判だったので楽しみです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

レミーマルタン サントール XOの感想

かなり昔の話ですが香川県の場末のスナックで飲んでた頃は、ウイスキーよりもブランデーが主流で、しかもヘネシー、レミー、カミュなんかは安いボトルでも結構高額だったように思います。

その後焼酎ブームで「いいちこ」なんかを飲んでたんですけどね。でも今回飲んでみるのは「レミーマルタン サントール XO」といって当時ではとてもでないですが飲めなかったようなボトルなんです。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

公式ページには「レミーマルタンXO」の紹介しかなくて、今回私が飲む「レミーマルタン サントール XO」と同じかどうかが判断できない程度にブランデー初心者なので、榎商店の解説記事を掲載します。

フルーツの煮込み、ホットアップルとマルメロのパイ、ニワトコやアカシアの白い花からの蜂蜜の香り。バランスの取れたオークの熟成したアロマを持つ、蜂蜜とフルーツのノート。滑らかで調和のとれたボディ。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

レミーマルタン サントール XO ストレート

レミーマルタン サントール XO ストレート

香りはめちゃくちゃフルーティ。ぶどうの香りが心地よいです。
アルコールの刺激は香りには皆無ですね。確かに甘く煮込んだフルーツ、フルーツパイのような香りが感じられます。

味わいは凄くなめらかで甘さとタンニンの苦味のバランスが抜群です。口に含んだ時に感じるフローラルさというか華やかな香りが鼻から抜けるのが堪りません。

やっぱりこのクラスになると「とんでもなく美味しい」ですね。ブランデーグラスは持ち合わせてないので、ウイスキーのテイスティンググラスで飲みましたが、この「レミーマルタン サントール XO」のためにブランデーグラスを新調したいです。

レミーマルタン サントール XO ソーダ割り

レミーマルタン サントール XO ハイボール

高額のウイスキーでも一度は試すハイボール。やっぱりレミーマルタン サントール XOでもソーダ割りを試してみます。

まぁソーダ割りにしても濃厚!甘さとフルーティさ、そしてビターな余韻が素晴らしいです。というかブランデーのハイボール美味しいですね。

でもまぁソーダ割りで飲むには少々勿体無いボトルですね。

最後に私的総評

流石はレミーマルタンのXOというだけあって熟成感が素晴らしいです。
非常に濃厚で甘味とフルーティさ、タンニンの感じのバランスが良いです。この価格帯はおいそれと手が出せるものでもないんですが、年に1本くらいウイスキーとブランデーで1本ずつ購入したくなりますね。

このレミーマルタン サントール XOを飲んで感じたのが、Twitteでも書きましたが「KAVALAN ソリスト シリーズを飲んだ時のような濃厚な風味」でした。

ウイスキー好きの方で、濃厚なフルーティさが好きな方は一度レミーマルタン サントール XOに浮気してみても後悔しないと思います。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/