ジョニーウォーカー グリーンラベル15年 レビュー

いよいよ待望のジョニーウォーカーグリーンラベル15年を購入しました。ブレンデッドモルトなんでシングルモルトだけのブレンドなんですよね。ボトルもカッコいいですしテンション上がってます。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年の感想

ジョニーウォーカーのブレンデッドモルトといえば、先日飲みきった「スペイサイドオリジン」がブレンデッドモルトですよね。残ってたら比較したかたなぁ。

このグリーンラベルのキーモルトはカリラ、タリスカー、リンクウッド、クラガンモアとなっています。まずは想像してみるとカリラのスモーキーさとタリスカーのスパイシーさ、そして甘味はクラガンモアの蜂蜜やバニラ、そしてリンクウッドは飲んだことないや。

まぁとにかく非常に評価も高いボトルなので早速飲んでみようと思います。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

それぞれのモルトの個性を残しつつも、複層的でバランスの取れた味わいを追い求めて完成した「グリーンラベル」。

草の様な香り、フレッシュフルーツ、樽香、スモーキーさ、コクのあるバニラ、サンダルウッドの香りなど、単一のモルトウイスキーにはない奥行きのある個性をもたらしています。
引用元:Johnnie Walker Green Label | Scotch Whisky | Johnnie Walker

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年 ストレート

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年 ストレート

香りは確かに草っぽさはありますね。スモーキーさは控えめですが確かにありますが、ピートはほぼ感じないですね。どちらかと言えばカリラ、タリスカーよりもクラガンモア、リンクウッドが主のような気がします。

味わいはやわらかく飲みやすい。これぞ15年熟成味わいでしょうか。
甘いですが甘すぎず、ビターな余韻が長く続きます。ちょっぴり余韻にスパイシーさがあるかな。また若干のピートを感じました。

美味しいですね。それぞれのモルトの主張が激しくなくてバランスがいいです。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年 ハイボール

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年 ハイボール

ハイボールにすると、若干スモーキーさが弱くなるのかなぁ。凄くあっさりとしたハイボールという感じ。なんだか物足りない気がしました。

青りんごっぽいフルーティさを感じます。甘味も若干ありますがビターな余韻が残る感じですね。やはり物足りない気がしました。

若干濃く作った方が良いかなと感じました。

最後に私的総評

私はストレート一択ですね。香りの草原感、スモーキーさと微かなピート、フルーティさに蜂蜜のような甘味、フィニッシュのスパイシーかつビターな感じが楽しめました。

凄く飲みやすいボトルだなぁという印象で、凄くまとまりがよく15年熟成でアルコールのピリつく感じもありません。

ストレートの飲み始めに丁度いいかもしれませんね。このバランスの良さで4000円代というのはコスパも良いと思います。

ただジョニ黒のハイボールをガンガン飲んでる方が、グリーンラベルのハイボールをガンガン飲むというのは勿体無いですし、上記のとおりストレートの方がおすすめかと思います。

ジョニーウォーカーグリーンラベル(緑ラベル)15年 43度 箱付 700ml

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/