ラフロイグ10年飲んでみた

友人におすそ分けしていただいた「ラフロイグ 10年」。まぁよく言われるのが正露丸臭いという事なんですが、クセになると他のウイスキーでは物足りなくなるとも言われています。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ラフロイグ 10年の感想

ボトルを詰め替えて日が経過しているので、若干香り、アルコール感は落ち着いちゃってましたが、それでもキャップを開けるとヨードの香りが広がりますね。

まずヨードの香りが駄目な方は、この時点で口に持っていこうという気にはならないかもしれませんね。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ピートの効いた麦芽から生みだされるシングルモルト。爽快なピート香や磯の香りを思わせる個性的な味わいで、世界中のウイスキー・ファンを魅了しつづけている。

香り:爽快なピート・磯
味わい:滑らかでややオイリーなコク
余韻:海藻を思わせるユニークな心地よい後味。
引用元:ラフロイグ製品解説 ラフロイグ サントリー

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ラフロイグ 10年 ストレート

ラフロイグ10年 ストレート

まず香りはヨード香いわゆる正露丸のような香りがきますが、甘みを含んでいるような香りと感じました。甘い正露丸というわけではないですが、確かに甘い香りも感じます。

味わいは思った以上に甘さを感じます、しかし口に広がるヨード香とスモーキーな煙の余韻が確かにクセになりますね。

私はポートシャーロットやカリラ、ボウモアを既に飲んでいて結構アイラモルト好きなので普通に美味しいと感じましたが、確かに私の友人でカリラ12年のヨード香が駄目だったような方には無理でしょうね。

ラフロイグ 10年 ラフロイグ&ソーダ

ラフロイグ10年 ラフロイグ&ソーダ

サントリーのラフロイグ公式ページでもおすすめの飲み方として紹介されている「ラフロイグ&ソーダ」まぁハイボールですよね。ハイボール好きの私も当然試してみました。

ストレートで感じた香りや味わいの「甘み」はどこへやら、炭酸水を燻製にしたかのようなスモーキーさが面白いです。おそらくは複雑な味わいを感じるんでしょうが、最初から最後まで煙・煙・煙という感じでした。もちろんヨード香もしっかりとあります。

さらに気づいたのが、ハイボールで飲む時の煙とヨードの組み合わせって若干ベーコンを燻製し過ぎた時(ベーコンを燻製しすぎたことはないのですが、例えです)のようなニュアンスを覚えました。

最後に私的総評

今回ラフロイグ10年を飲んでみたわけですが、ストレート、ハイボール共に凄くスモーキーで美味しいですね。ハイボールは食中酒として肉料理や中華料理なんかと合わせると良さそう。

ただ初めてウイスキーを飲むという方にあえて勧める必要はないかな。

でも2回目という方にはウイスキーの面白さを感じていただくためにも、アイラの王ラフロイグを勧めてみてもいいかも。産地によっての特長を色濃く感じる上で外せないシングルモルトだと感じました。

ラフロイグの詳しい情報

榎商店の各店舗はこちら