ボウモア18年 レビュー

私が初めて入手した長期熟成18年物はボウモア18年Deep & Complex 。こちらは通常の18年とは違い免税店向けのボトルなんで並行輸入品なんですが、榎商店さんのご厚意でGETしました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ボウモア18年ディープ&コンプレックスの感想

18年熟成のボトルとしては、以前にレビューを書いたシーバスリーガル18年のミニボトルとこのボウモア18年ディープ&コンプレックスだけを飲んだことがあります。入手はこちらが先だったのですが、レビューは遅れちゃいました。

ちなみにこのボウモア18年ディープ&コンプレックスはオロロソシェリー樽とペドロヒメネスシェリー樽で熟成した2つの原酒のみを使ってボトリングされています。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

今回公式でのBOWMORE18year Deep & Complex の公式レビューが見当たらなくて、通常のBOWMORE18年のテイスティングノートを掲載しておきます。

「ボウモア」の特長であるシェリー樽に由来するスウィート感が際立つ、贅沢なモルト。フィニッシュまでこころゆくまで楽しめる。

香り:クリーミーなトフィー・完熟フルーツ・スモーキー
味わい:軽やかなスモーキー・フルーツ・チョコレート・柔らかな甘み
フィニッシュ:長くバランスがよい
引用元:ボウモア製品解説 ボウモア サントリー

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ボウモア18年ディープ&コンプレックス ストレート

まずは香りですが、非常に濃いシェリー樽香とスモーキーさが合わさり甘い醤油?(例えが悪い)といった香りが感じられます。よく嗅いでいくとピートの香り+レーズン、ダークチョコ、潮の香りが合わさると焦げたような香りの中に甘さと潮っ気が感じられます。

味わいはまろやかな舌ざわり、これをオイリーという表現なのでしょうか。舌に絡みつくような濃厚さがあります。ペドロヒメネス樽の甘さとオロロソシェリーのビターさ、そして若干のタンニン感が感じられました。

後味は完全にスモーキーですが、尖ってない柔らかさは長期熟成だからでしょうか。そして甘みも長く続きます。

これは美味しいですね。圧倒的な熟成感といいますか、ダブルシェリーの味が絡み合って奥行きがあります。

ボウモア18年ディープ&コンプレックス ハイボール

そしてやめときゃいいのにハイボール。
ビターでスモーキーな香りに甘みも勿論感じます。思ったよりも悪くないんですよね。ただあえてハイボールで飲む必要がないので、やはりストレートがおすすめですね。

ただ私はこうした甘みを感じるスモーキーなハイボールが凄く好きで、そのおかげでアイラモルトにハマってますから、その日のシメの1杯に気分でストレートやハイボールにしてもいいのかもしれません。

最後に私的総評

断然スタンダードのボウモア18年も飲んでみたくなりました。
基本ハイボールで飲むことが多かった私が度々ストレートで〆る美味しさを教えてくれたボトルがこの「ボウモア18年ディープ&コンプレックス」なんですね。

ほろ苦いチョコと合わせてチビチビとストレートで飲むのは本当に美味しいです。チェイサーの水を口に含んだ時に口の中で甘みとスモーキーさの香りが広がる感覚は病みつきになりますね。

ボウモアって25年まであったのかな?今は余裕がありませんが、子供の手が離れた際には子育ての卒業祝いに妻にねだってみようと思います。

関連レビュー記事はこちら

ボウモア12年を飲んでみた感想

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/