ボウモアの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アイラの女王として有名なアイラウイスキーの入門用に良く紹介されるのがこの『ボウモア』。ここではボウモアの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ボウモアの歴史と蒸留所

1779年にアイラ島の小さな港のそばで創業したボウモア蒸留所。実はアイラ島では最も古い蒸留所だそうです。
1994年7月にサントリーが買収し、日本では容易に購入できる事から見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。(ミニボトル+ロックグラスも販売されています)

アイラ島最大河川のラーガン川の水を利用したボウモアの生産は年間200万リットル。その殆どが自社用でブレンド用はわずかになっています。

ボウモア蒸留所はフロアモルティングといって大麦を発芽させる製麦(モルティング)を床で行っている数少ない蒸留所の一つなんじゃよ。フロアモルティングの量は全体の約30%、残りは麦芽を買い入れているわけじゃな。
えのき先生
えのき先生

ボウモアの種類と味の特徴

ボウモアはアイラウイスキー入門用としておすすめじゃ。アイラの特徴であるピート香・スモーキーさの中に海の潮の香りや花の香りも感じられるんじゃ。またラインナップも凄く豊富だから迷うのぉ。
えのき先生
えのき先生

ボウモア12年

ボウモア

ボウモアの中ではスタンダード。初心者でも求めやすい価格に設定されている。香りはスモーキーでレモン・ハチミツの爽やかさと甘さも。味わいはダークチョコレートのようなコクとスモーキー感、そしてほんの少しのヨード香を感じます。

加水することで甘い香りが増します。滑らかな口当たりで非常に飲みやすい。アイラモルトの飲み始めに最適の1本。

容量700ml・アルコール度数40度

ボウモア レジェンド

ボウモア レジェンド

ライトな味わいから広がる後味が非常にスモーキーで、若いわりにしっかりとした味わいが感じられる。香りはヨード香、ライム、オレンジ、ナシ。味わいはスモーキーなフレーバーが広がります。

ボウモアらしいスモーキーなピート香に、やさしい潮風を想わせます。口に含むと、レモンピールとほのかなはちみつを感じる、豊かで複雑な味わいです。

容量700ml・アルコール度数40度

ボウモア スモールバッジ

ボウモア スモールバッチ

ファーストフィル・のバーボン樽で熟成させた少量生産の原酒を使用し、甘くスパイシーな味わいに。奥に潜むバニラの香りが特徴的でさわやかな酸味、その後に続くスパイスとほろ苦さがたまりません。

ボウモア12年とスペイサイド系のさわやかな酸味の絶妙なバランス。
その後からスパイス、そしてほろ苦さも感じ取れるようになります。バーボンのような香りは少なめで、バニラの香りも奥に潜んでいる感じです。

容量700ml・アルコール度数40度

ボウモア ブラックロック

ボウモア ブラックロック

香りは潮の香り、またピートは穏やかでドライフルーツのような香りが突き出る。さわやかな酸味、その後に続くスパイスとほろ苦さが特徴。

ピート香の中に、干しブドウのようなほのかな甘い香りとオレンジタルトのような爽やかな香ばしさ、徐々にシェリー樽由来の糖蜜のような香ばしい甘さへと変化。口に含むと、燻した潮っぽさの後、オレンジ系の柑橘の甘さと糖蜜やトフィーのような香ばしい甘さが絶妙なタイミングとバランスで感じられます。

容量1000ml・アルコール度数40度

ボウモア ヴォルト エディション ファーストリリース

ボウモア ヴォルトエディション ファーストリリース

香りは塩気とオーク、南国果実、パイナップル、ピートスモーク。味わいはトロピカルフルーツを思わせるフルーティーなフレーバー、そして強くスモーキー。

「ボウモア ヴォルト」は、ボウモア蒸溜所が所有する貯蔵庫の中でも最も古く、海に近い海抜0メートルに位置するNo.1 Vaults(第一貯蔵庫)で貯蔵した原酒を使用したウイスキーです。

容量700ml・アルコール度数51.5度

ボウモア 15年 シェリーカスクフィニッシュ

ボウモア 15年

ボウモア15年ダーケストの後継品。
バーボン樽で12年間熟成された原酒を、オロロソ・シェリー樽でさらに3年間熟成。香りはダークチョコレート、レーズン、スモーキー。味わいはウッディ、はちみつ、燻製したナッツ、タフィー。

ダークチョコレートを思わせる香りと伝統的なボウモアのスモーキーな香りがバランスよく、口中に広がります。

容量700ml・アルコール度数43度

ボウモア ホワイト・サンズ 17年

ボウモア ホワイトサンズ 17年

香りは柿、ビワ、パッションフルーツ、ピート、少し紙っぽさ、焦がした麦。味わいはパイナップル、桃やチェリーの缶詰、ジューシーさにしっかりとしたスモークとピート。

ボウモアらしいパッションフルーツとピート、ミルクチョコレート、アメリカンコーヒー、淡いウッディネスと焦げ感のある麦感があります。穏やかな口当たりからしっかりとフルーティな甘味、スモーク主体のピート、淡くオイリーでフルーティな余韻が残ります。

容量700ml・アルコール度数43度

ボウモア 18年 ディープ&コンプレックス

ボウモア 18年

オロロソとペドロ・ヒメネスのシェリーカスクで熟成した免税店向けのボウモア。
香りはリッチなチョコレートと優しいピートスモーク。味わいはお菓子のトフィー、ビタースイートオレンジピール、甘いアーモンド、レモン。

焙煎コーヒーとマカダミアナッツ、オレンジピールなど、スパイシーで芳醇な味わい。

容量700ml・アルコール度数43度

ボウモア 26年 赤ワインカスク ヴィンナーズトリロジー

ボウモア 26年 ヴィンナーズトリロジー 赤ワインカスク

ワイン樽で後熟した「THE VINTNER’S TRILOGY」と銘打たれた全3部作のうちのひとつです。

香りはレッドカラントのジャム、焼いたパイナップル、チェリーパイ、土っぽいスモーキーさ。味わいはオーク、スパイシーな煙、ブランデー漬のチェリー、潮気が口に広がる。

今回の26年の他に18年と27年があり、18年はマンサニージャ、27年はポート、そしてこの26年は赤ワイン樽で後熟したもの。
バーボン樽で13年熟成させた後、ワイン樽で同じく13年間熟成。

容量700ml・アルコール度数48.7度

ボウモア 26年 ブライアン・モリソン引退記念ボトル

ボウモア26年 ブライアン・モリソン引退記念ボトル

モリソン&マッカイのチェアマンであり、54年間に渡りウイスキー業界に貢献してきたブライアン・モリソンの引退を記念し、特別に詰められたボウモアです。

香りはリンゴ、アプリコット、パイナップルといったフルーツのアロマと共に、アイラ島の潮風、スモーキーなキッパー(燻製ニシン)が広がります。味は完熟メロン、リンゴ、オークスパイス、ピートスモーク。ゆっくりとバニラクリームへと変化します。

フィニッシュに海藻、ピンクペッパーが顔を出し、心地よい余韻が続きます。

容量700ml・アルコール度数42.9度

ボウモアのおすすめの飲み方

ボウモア12年やレジェンドの場合はストレート・ロックが主流ではあるが、初心者の方は是非ハイボールで飲んでもらいたい。
ハイボールにすることで、ボウモアのフルーティさとスモーキーさを感じつ余韻のかすかなヨード香が非常に食中酒として美味しいです。

その他のカスクシリーズに関しては一番はストレート、ストレートはちょっとと言う方もロックでゆっくりと味わいながら楽しむのがおすすめです。

ボウモアは結構ハイボールで美味しいんじゃ。特に初心者の方はハイボールがとっつき安いと思う。おつまみはスモーク系のものが合うんじゃ。
えのき先生
えのき先生

 

まとめ-ボウモアの選び方

ボウモアの選び方としては、やはり最初はスタンダードのボウモア12年やレジェンド。飲んでみて美味しかったらさらに長熟のものを選んだりボウモア ヴォルト エディション ファーストリリースやボウモア スモールバッジもおすすめ。

すでにボウモアファンで飲み慣れている方はボウモア 18年 ディープ&コンプレックスやボウモア 26年 赤ワインカスク ヴィンナーズトリロジーのワイン系カスクものを試してみて下さい。

ボウモアはアイラウイスキーの特徴を持ちつつも香りの面ではヨード香は抑えめじゃから初心者が試してみるには良いウイスキーじゃ。物足りなくなったらラフロイグに挑戦してみるといい。
えのき先生
えのき先生

お酒擬人化プロジェクト「モアさん」

榎商店では「お酒擬人化プロジェクト」として、色々な銘柄の特徴を性格に現してキャラクター化する取り組みを行っています。

そしてボウモアのイメージキャラクター「モアさん」を発表致しました。ボウモアの特徴を知りたい方やボウモア好きの方は是非ご覧になってみてください。

えのき商店STAFFのより

ボウモアはアイラの女王の名にふさわしく「アイラ初心者をやさしく包み込んでくれる」アイラモルトです。
ストレートで飲むとアイラらしいクセが感じやすく、ハイボールにするとヨード香は最後にかすかに感じるんですが、スモーキーさとフルーティ感がバランス良く嫌な感じは一切しません。

肉や海鮮を焼いた料理との相性がすごく良いので、BBQなんかに最高のハイボールが楽しめますよ。

また「ボウモア レジェンド」の秘密に関しては当社Youtubeでの解説を御覧ください。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら