ボウモア12年 東かがわ市Whisky部

アイラの女王と称され、アイラ初心者が最初のおすすめされる事でも有名なボウモア。その中でスタンダードであり私自身が始めてフルボトルを購入したのがこの「ボウモア12年」です。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ボウモア12年の感想

スコッチの聖地アイラ島最古の蒸溜所として知られるボウモア蒸溜所で造られるスタンダードボトル「ボウモア12年」。その甘い口当たりとスモーキーな香りが特徴的です。

「一周回ってボウモアに戻る」なんて名言をTwitterで見かけましたが、確かに深い味わいの魅力ある銘柄です。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ドライなスモーキー感と柔らかなフルーティー感の調和が見事。飲みやすさのなかに、個性的な潮の香が感じられるボウモアを代表する逸品。
香り:スモーキー・レモン・はちみつ
味:スモーキー・ダークチョコレートを想わせるあたたかみのあるコク
フィニッシュ:長くて繊細
引用元:ボウモア サントリー

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ボウモア12年 ストレート

ボウモア12年 ストレート

香りは甘い香りと酸味そしてスモーキーさとピート香を感じます。ただ他のアイラモルトに比べピート香が突出しているという感じではなくやわらかなスモーキーさとピートの香りというふうに感じました。

味わいは確かにダークチョコのようなコクと若干の甘み、そしてフィニッシュにかけてスモーキーさが感じられます。

現在は他のアイラを幾つか飲んでいるので判るのですが、ピート香が強すぎることは無いのでアイラ初心者でも飲めると思います。

ボウモア12年 ハイボール

ボウモア12年 ハイボール

ハイボールにすると甘さにドライなスモーキーさが感じられます。フィニッシュにかけて香ばしいという感じがしました。

この時のおつまみはスモークチーズとうずらの卵スモークだったのですが、やはりボウモアとの相性がよく何杯でも飲める感じでした。

最後に私的総評

今回飲んだボウモア12年はアイラモルトかどうかは抜きとして初心者の方が最初に飲んでも非常に美味しくいただける銘柄かと思います。

私は最初に飲んでスモーキー系のスコッチが好きだとわかったのですが、最初にフルボトルは怖いなぁという方はボウモア12年のハーフボトルもあるので、そちらを試してみるといいかもしれませんね。

さらにボウモアは熟成にシェリー樽とバーボン樽が使われているので、シェリー由来の甘みもあり飲みやすいと思います。ボウモア15年ならさらにオロロソシェリー由来の甘さ、ボウモア18年はシェリー感が際立つようです。

先日ボウモア18年のディープ&コンプレックスを開封したのですが、注いだ瞬間からのシェリー+スモーキーが堪らなくて、こちらもまたレビュー記事を書きます。

榎商店の各店舗はこちら