味やおすすめの飲み方:ザ・デヴェロン

スペイサイドよりも東にあるマクダフ蒸溜所で造られている「ザ・デヴェロン」。今回はザ・デヴェロンの種類や味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

マクダフ蒸留所について

マクダフ蒸留所があるのは東ハイランド地方でスペイサイドよりも更に東側になります。
長らくシングルモルトのリリースはボトラーズからのみで無かったようですが、バカルディ社所有となったきっかけに2016年にザ・デヴェロン12年がオフィシャルボトルとして販売されました。

潮風の影響をうけたザ・デヴェロンは海の風味が感じられる軽やかでフルーティーな味わいが特徴です。

当時は18年リリースもあったようじゃが、現在見かけることはないんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ザ・デヴェロンの種類と味の特徴

現在ネットでも見かけるのはザ・デヴェロン12年だけなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ザ・デヴェロン12年

ザ・デヴェロン12年

スパイスやグリーンアップル、レモンの皮の香り。
トフィーやナッツ、シェリー樽によるフルーティーな味わい。
繊細な甘みとドライさが感じられるバランスのとれた後味。

容量700ml・アルコール度数40度

ザ デュヴェロン 12年 40度 700ml

ザ・デヴェロンのおすすめの飲み方

ストレート カクテル
ザ・デヴェロン12年のおすすめの飲み方はストレートかロックがおすすめ。
特にザ・デヴェロンの潮っぽさを楽しみたい方はロックで飲まれるのが良いでしょう。

ハイボールにするとピート感は和らぎ、酸味のあるフルーティさが強くなるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ザ・デヴェロンをおすすめする方

ザ・デヴェロンの特徴である潮っ気が好きな方には非常におすすめのボトルですね。潮っ気だけでなく酸味と甘味も後から追いかけてくるので辛すぎることはないです。

キャンベルタウンのモルトやオールドプルトニーが好きな方は試してみる価値アリですね。

えのき商店 STAFFより

ザ・デヴェロン12年は潮感の強さとピートからの柑橘系のニュアンス、そしてバニラの甘味といった味わいが次々に現れます。余韻はドライでスッキリとした印象を感じられますね。

他と比べるなるとやはりオールドプルトニー12年なんかと飲み比べてみると面白い気がしますね。スプリングバンクはちょっと違うかな。

潮っ気のあるシングルモルトが好きな方にはハマるボトルかもしれません。
少しウイスキーを飲み慣れた方向けのような気がします。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています