グレンフィディック12年 レビュー

私が初めて購入したボトルというのがこのグレンフィディック12年とボウモア12年でした。久しぶりにグレンフィディック12年のハーフボトルを購入したので感想をまとめてみたいと思います。

グレンフィディック12年の感想

最初に購入したボトルという事ですが、実はあまり印象に残ってなくて、ボウモア12年のハイボールを美味いなぁと思い飲んでて、そこからスモーキーな銘柄にハマり、シェリー樽のゴム感を克服し現在に至っています。

確かに凄く飲みやすかった印象はあります。初めての購入ということはおそらくストレートで飲んだ初めてのウイスキーなんですね。確かにキツイと思った覚えはありますが、それでも甘く飲みやすかったのを覚えています。

ちょっと公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

上質なアメリカンオーク樽とヨーロピアンシェリー樽で最低12年間、丁寧に熟成。 さらに後熟することで甘く、複雑なオークの風味を作り上げます。

香りは洋梨・レモン・フルーティーな熟成香。味わいは甘くフルーティー・クリーム。フィニッシュはやわらかな甘み・繊細で軽やか
引用元:Glenfiddich 12 Year Old Single Malt Whisky – Award Winning

では早速実際に飲んでみた感想をまとめてみます。

グレンフィディック12年 ストレート

グレンフィディック12年 ストレート

香りは洋梨っぽい甘く澄んだ香りがしますね。フルーティで華やかな香りが鼻を通っていきます。ピートのようなクセも全く無く甘くそして若干の柑橘感も感じるフレッシュな香り。

味わいは甘くハチミツのような甘味と青りんごのようなフレッシュな甘さが重なり広がります。軽い飲み口でアルコール感もなくスーッと入ってきますね。余韻に若干のビターさと甘味が続きます。

グレンフィディック12年 ロック

グレンフィディック12年 ロック

ロックで飲んでみたところ、若干フルーティさよりも苦味が感じるような気がします。ちょっとウッディさが先行という感じですかね。

ビターなウイスキーという感じでグレンフィディックらしさは抑えられちゃったかな。ただこういった苦味も私は結構好きなんですよね。これは人それぞれなんで、グレンフィディックを飲むという事で考えるとロックはおすすめしないかな。

グレンフィディック12年 ハイボール

グレンフィディック12年 ハイボール

ハイボール好きの方には相性抜群のボトルですよね。
洋梨感が凄く感じられフルーティで甘く、そしてレモンっぽさも炭酸で刺激され凄くフレッシュでフルーティなハイボールになります。

余韻にはビター感ありますが飲みやすいですね。私は食中よりも食後に飲むのに向いているかなと思います。しかし居酒屋で青りんご酎ハイなんかを飲みながら食事をする方には凄く食中酒としておすすめですね。

最後に私的総評

初心者におすすめされるド定番は伊達ではないですね。凄く飲みやすいと思います。勿論初めてウイスキーを飲む方にはアルコールのピリ付きは感じると思います。

そういう方は少しだけ加水して飲むと美味しく飲めると思います。

ハイボールで凄く美味しく飲めるのも日本人向けですよね。価格的にも使い勝手がよい銘柄ですので、やはり初めて購入するウイスキーとして向いていると思います。

ちょっと今回飲んでみて、初めて飲んだときよりも美味しく感じたので15年、18年と飲み進めてみたくなりました。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/