ベンロマックの飲み方を紹介

上質なスコットランド産の大麦と湧き水を使用し、経験豊かなディスティラーが作るこの『ベンロマック』。ここではベンロマックの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ベンロマックの歴史と蒸留所

1898年にフォレスに創業後、休止と操業を繰り返し、また幾度かの所有者交代もありながら1983年に閉鎖。1993年にゴードン&マクフィル社(GM社)が購入し大改造を行い1998年(創業100周年)に生産を再開させました。

仕込水にはチャペルトンの泉の水を利用、バーボン樽とオロロソシェリー樽を使って熟成させています。

現在の生産は30〜40万リットル。小規模ながらもシェリー樽由来の味わいで人気の銘柄です。

ウイスキーの製造では珍しい「ソレラ方式」で生産している。ソレラ方式とは各バッチの一部を次のバッチへ混ぜる事なんじゃが、それによって品質や味わいを保っているんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ベンロマックの種類と味の特徴

スペイサイド最小規模ながら3タイプのボトルがそれぞれ個性的で面白いんじゃ。シェリー樽熟成モルトが好きな方に一押しなんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ベンロマック10年

ベンロマック 10年

ニューボトルはよりピートとスモーク感が増し、深いシェリー香とナッツやベリーが10年物とは思えない味わいです。

香りは深いシェリーの香り、フルーツとナッツのチョコレート、繊細なスパイス、青りんご、かすかにピートと煙。味わいは果汁たっぷりのラズベリー、シェリー、クリーミーな麦芽、ほのかにピート香が感じられる。

容量700ml・アルコール度数43度

ベンロマック ピートスモーク

ベンロマック ピートスモーク

スペイサイドらしいフルーティさを併せ持ちながらしっかりとしたピートの風味も楽しめる。

香りはバニラや蜂蜜の甘い香りに塩漬けの肉、アプリコットやレモンのような香り、かすかなタバコの香り。味わいは粗挽き胡椒にいちごやオレンジの甘い味わい。

容量700ml・アルコール度数46度

ベンロマック オーガニック

ベンロマック オーガニック

オーガニック製法にこだわった大麦と酵母、アメリカン・オーク樽も薬品などは使っていない。

香りは麦の香りから始まり、息を吸い込むとバニラやトフィー、バナナの風味が加わります。味わいはクリーミーな味わいに胡椒、甘いフルーツ、とりわけ熟れたバナナの味わいが広がります。

容量700ml・アルコール度数43度

ベンロマック 3本セット

ベンロマック パック

深いシェリー香の10年。フルーティさとしっかりとしたピートの風味のピートスモーク。クリーミーな味わいのオーガニックの3本が詰まった豪華セット。

容量200ml・アルコール度数43~46度

ベンロマックのおすすめの飲み方

ベンロマック10年はシェリー樽特有の華やかな香り・味わいを楽しむのにまずはストレートそしてトワイスアップがおすすめ。ベンロマック オーガニックも同様。

ベンロマック ピートスモークはピート・スモーク感がハイボールにしても楽しめます。しかしおすすめはトワイスアップですね。

ベンロマックはストレート・トワイスアップ・ロックで飲むのが一般的じゃ。
ただだからといってハイボールにしたらいけないという事でもないので、好きな飲み方で楽しんで欲しい。
えのき先生
えのき先生

ベンロマックの選び方

ベンロマックはミニボトルですが、3タイプのベンロマックを楽しめるので「ベンロマック 3本セット」がおすすめです。またベンロマックを選ぶ理由を考えた時にシェリー樽熟成だと思います。そうなると迷わずベンロマック10年を選ぶのがベストですね。

ベンロマックはそれぞれ特徴が違うラインナップの3本じゃから迷ってしまうのぉ。
まぁ上でも書いている通りシェリーを楽しむのにまずはベンロマック10年、他のも飲みたくなったら3本セットがいいかのぉ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

シェリー樽熟成のウイスキーな好きな方のリピート率が結構高いのがベンロマックです。10年物とは思えないほどの深いシェリーの香りが様々な香りと一緒に感じられます。そしてニューボトルになりピートとスモーク感も増しています。

初めてベンロマックを購入する方は10年を、いろいろと飲み比べしたい方は3本セットをご購入ください。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

ウイスキー 商品一覧はこちら