ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとジョニーウォーカー12年ブラックラベルシェリーエディション 比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベル(通称ジョニ黒)とジョニーウォーカー12年ブラックラベルシェリーエディションを飲み比べしてみました。

この2つは共に12年熟成表記がされています。シェリー樽フィニッシュでもないので構成原酒の比率に違いがあるんですね。

ジョニ黒とシェリーエディションのストレート比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとジョニーウォーカー12年ブラックラベルシェリーエディション ストレート

まず最初に2つのボトルを構成する原酒ですが、シェリーエディションはジョニ黒のキーモルトにブレアアソールとストラスミルが追加されて紹介されています。

シェリー樽熟成のこの2銘柄の12年熟成はそのまま飲みたい気もしますが、実際にどのような違いを生んでいるのでしょうか。

香りをジョニ黒と同様のバニラの香りからフルーツ香はより強くなっている気がしました。そこからチョコ?コーヒー?っぽさがシェリーエディションにはありますね。

味わいに関しても口に含んだ瞬間のバニラっぽい甘味はジョニ黒同様で、大きく違いを感じたのは余韻のダークチョコ、カカオ感が微かなスモーキーさと共に感じられます。

ボウモアまでとは言えませんが、ボウモアをさらに柔らかくしたような印象でしたね。

ジョニ黒とシェリーエディションのハイボール比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとジョニーウォーカー12年ブラックラベルシェリーエディション ハイボール

では2つをハイボールで飲み比べてみます。

ハイボールにするとジョニ黒の方はスモーキーさが若干増しますが、シェリーエディションはドライフルーツのような香りからの余韻でビターなテイストがいいですね。

そしてやはりやわらかく甘い風味が感じられます。ただ私はハイボールで飲むならジョニ黒の方が好みでした。

飲み方によって使い分け

このジョニーウォーカー12年ブラックラベルシェリーエディションは3000円台で購入できるボトルで、数量限定のようですがよく見かけます。

実際に2つを飲み比べてみて、私の場合はストレートはシェリーエディション、ハイボールはジョニ黒という感じでした。特にストレートではやはり1000円の違いを十分感じられる程度にシェリー樽熟成感を感じられました。

ハイボールは好みの問題かもですが、シェリー感が無いほうが私は好みなので通常のジョニ黒のバニラからのビターさとかすかに感じるスモーキーさが好きですね。

おそらくこの2つは共に12年熟成ですし、ストレートでもハイボールでも美味しいボトルです。ただストレートで飲んだ時のフルーティさや余韻のコーヒーのようなビターな余韻、若干のスパイシーさが良かったです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション 700ml

ジョニー ウォーカー ブラックラベル黒ラベル 12年 40度 箱付 700ml

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/