シングルモルト嘉之助2021-FIRST-EDITION新着情報

嘉之助蒸溜所初のシングルモルトジャパニーズウイスキーがリリースされますね。そこで今回はシングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITIONの情報をまとめてみます。

シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITIONの特徴

2017年~18年に嘉之助蒸溜所で製造した原酒を各種のオーク樽で熟成を重ね、3年間熟成させた原酒を マリッジさせたシングルモルトです。

さらに詳細な情報を見てみると

シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITIONの製法

使用する麦芽ノンピート麦芽、嘉之助蒸留所の樽熟成米焼酎「メローコヅル」で使用しているアメリカンホワイトオークリチャーカスクで熟成した原酒をキーモルトとして、複数の樽をヴァッティングし、カスクストレングスでボトリングしているようです。

テイスティングノート

シングルモルト嘉之助2021

香りはライム・プルーン・レーズンバター。味わいはメローでウッディ・バニラ・ニッキ。フィニッシュはオランジェットのほろ苦さ・ふわりと潮風。

容量:700ml・アルコール度数 :58度

榎商店STAFFより

嘉之助蒸溜所のコンセプトが「 MELLOW LAND,MELLOW WHISKY 」という事で、Mellowを調べてみると意味は熟成やコク、そしてまろやかという事でした。

3年熟成の今回の「シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITION」がどれほどの熟成感、コク、まろやかさを持っているのか楽しみですね。テイスティングノートを見てもその複雑さが伺えると思います。

先々が楽しみな蒸留所でありますし、まずシングルモルト第1弾のシングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITIONは飲んでみたい1本ですね。ただ競争率は非常に高いでしょうね。

榎商店での販売開始時期につきましては、Twitterや各モールのメルマガで発表致します!

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら