余市の種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

マッサンで一気に火がついた日本人のウイスキーブーム。

その主人公である竹鶴政孝氏がニッカウヰスキーを創業し北海道余市市に建設した余市蒸留所のシングルモルト「余市」

今回は余市の種類、味の特徴や飲みながら話せるウンチクなどをまとめてみます。

余市の歴史と余市蒸留所

1934年 北海道余市市に創設された余市蒸留所。

竹鶴政孝氏が寒冷で潮風が吹くスコットランドの気候に似ていることからこの場所を選びました。

それこそ当時はピートや石炭、大麦、ミズナラとモルトウイスキー造りに欠かせないものが揃っていたそうです。

余市蒸留所では世界で唯一となった石炭直火焚き蒸留を現在も行い続けています。

これにより力強く香ばしい独特のモルトウイスキーが生み出されているのです。

余市蒸留所内にはリタ夫人と暮らした家や博物館、カフェやレストランもあります。蒸留所の見学は現在は自由見学は休止中で蒸留所ガイドツアーは申込み可能となっています。

竹鶴政孝氏は寿屋を退職後、大日本果汁株式会社を設立しておる。
これは製品化まで時間がかかるウイスキー製造の資金繰りのためりんごジュースの製造販売を行っていたからなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

余市の種類と味の特徴

世界的なウイスキーの流行。ジャパニーズウイスキーの評価が高くなり原酒の枯渇の影響も余市は受けているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

余市(NA)

余市

石炭直火焚きで蒸留され北の過酷な自然の中で育まれた余市は力強く男性的な風味で、豊かなコクとスモーキーさが特徴です。

香りはウイスキーらしい芳香とウッディー感、チョコ。味わいはガム、ドロップ、水飴、柿。力強いピートの味わいと香ばしさ。

穏やかに持続するオークの甘さとスモーキーな余韻

容量700ml・アルコール度数45度

余市 10年(休売)

余市10年

果実の華やかな香り、滑らかだが重厚な口当たり、そして豊かな味わいの中にあるスモーキーさが特徴。

容量700ml・アルコール度数45度

余市 15年(休売)

余市15年

複雑なフレーバーと樽熟成の香り。ナッツ、レザーを感じさせる重厚な味わいと長く続く余韻が特徴。

容量700ml・アルコール度数45度

余市 20年(休売)

余市20年

円熟した蜜感のエレガントさがたまらない風味を醸し出し、滑らかな口当たりと気品のある深い余韻が特徴。

容量700ml・アルコール度数52度

余市のおすすめの飲み方

ストレート カクテル

もしも余市のヴィンテージ(年数表記あり)を入手した場合はストレートがおすすめ。余市独特の樽感、スモーキーさを楽しみましょう。

またトワイスアップすることで香りがより一層感じられます。

余市のノンビンテージは山崎に比べ比較的入手しやすいので、コチラは飲み方を選ばず好きな飲み方で楽しんで下さい。

余市のハイボールは余市ならではのスモーキーさが楽しめるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

余市の選び方

普段飲みで余市を楽しむ場合は入手しやすい余市NAになります。相場的にもそれほどのプレ値という事もなく購入は可能です。

ただ年収表記のある余市は現在休売中なので、全てがプレ値となっているので、余裕がある方はAmazonや楽天で購入可能です。

余市NAでも余市らしさは十分感じられる。日本のシングルモルトの中でもスモーキーさが欲しい方におすすめじゃ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFの意見

余市、宮城峡とノンビンテージでも人気のシングルモルトです。

ただネットショップやお酒に力を入れている大手スーパーなんかでも稀に見かけることは可能な銘柄です。

榎商店の取り組みについては、メルマガの購読者やTwitterで榎商店アカウントフォローしていただいてる方にお届け出来るよう考えていこうと思っています。

また余市や宮城峡にも限定ボトルはいろいろと発表されています。

一番は余市蒸留所や宮城峡蒸留所の見学ツアーに、参加してみるといいですね。余市蒸留所については公式ページをご覧ください。

公式ページはこちら

余市蒸溜所 | NIKKA WHISKY

最後に当店スタッフが「余市」の解説動画をYoutubeにアップしているので是非ご覧ください。

ウイスキー 商品一覧はこちら