霧島

 

秋出荷の赤霧島が出回り始めたことで、にわかに盛り上がっている霧島シリーズ。

今日はそんな霧島のおすすめランキングをご紹介します!

 

私見!おすすめランキング

1位 迷ったら赤霧島!

赤霧島

焼酎ブームの牽引的存在ともいえる赤霧島。

いっときは出回る数が少なく、プレミアが付いて価格が高騰していましたが、今は落ち着いてきました。

芋焼酎独特の臭いがほとんどなく、飲みやすくスッキリした味わい。

赤ワインのようなフルーティーさも持ち合わせているため、女性ファンも多い1本。

少し辛さを感じる芋焼酎ですので、辛口好きの方にも。

迷ったら赤霧島からのスタートがおすすめです。

 

2位 赤霧島より甘い。甘めが好きな方は茜霧島

2014年年にリリースされ、一時はプレミアが付き、高騰していた茜霧島。

こちらも価格が落ち着いてきました。

それでも出荷時期の1月と6月以外は若干値上がりする傾向がありますが、だいぶ買いやすくなりました。

茜霧島は、香りのふくよかさは赤霧島と同じぐらい華やかですが、赤霧島の奥に辛さを感じるのに比べ、こちらは甘さがあります。

甘めが好きな方、辛さが苦手な方におすすめです。

 

3位 なかなか良いぞ黒霧島

黒霧島

こちらも定番商品。

白霧島と同じ原料芋の「黄金千貫」を使っていますが、こちらは黒麹を使ったもの。

同じ原料芋を使っているのに、違ったものができるのが焼酎造りの不思議なところ。

トロッとした甘味があり、後切れにほんのり芋の香りが残ります。

この芋の香りが口の中に残る感じは、この黒霧島が一番かも。

これを好きと捉えるか、そうでもないと捉えるかは、個人の好みによります。

 

4位 軽くてさっぱりした白霧島

白霧島

こちらの白霧島、定番商品なだけあって、結構いけます。

甘味があり、スッキリしていて非常に飲みやすいいも焼酎です。

おすすめはお湯割り。

芋焼酎好きにの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、入り口としては入りやすいです。

 

まとめ

めっちゃ私見入ってますが、ランキング、いかがでしたでしょうか?

味覚は十人十色。

実際は、飲んで比べて自分の霧島好きランキング作ってくださいね~。^