ラガヴーリン16年

ウイスキーにハマり始めてスグから気になっていたのが「ラガヴーリン 16年」。16年熟成がスタンダードって凄いですよね。アイラの巨人の実力が気になって仕方ないです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ラガヴーリン 16年の感想

以前にラガヴーリン 10年を先に購入して飲んでみたのですが、非常に美味しかったです。甘味もありつつのスモーキーさは私のドストライクでした。さらに熟成が進んだ16年はどう変化があるのでしょうか。

またMHD社のクラシックモルトシリーズのアイラ代表にもなっていますよね。価格的にはAmazonなんかで7000円程度でしょうか、思い切って購入しました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

アイラの南側では典型的な、広大とも言えるピートのスモーキーさを持つ、
評判のシングルモルトです。

スモーキーさだけではなく、ドライさも併せ持ち、そのドライさがラガヴーリンを本当に魅力的なドラム(一杯)にしているのです。ラガヴーリンはオークカスクの中で最低でも16年熟成され、情熱的でスモーキーな甘みを感じさせるシングルモルト。海藻の香味と広大なフィニッシュを併せ持ちます。
引用元:LAGAVULIN | Moët Hennessy Diageo

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ラガヴーリン 16年 ストレート

ラガヴーリン16年 ストレート

香りはピート香&スモーキーがまずきますが、その奥にバニラの甘い香りも感じます。ラフロイグやアードベッグと共通する磯っぽい感じがします。
煙いですが甘い香りというのがいいですね。

味わいは体調にもよるのかもしれませんが、ラガヴーリン 10年よりも甘さは控えめでドライな印象を感じました。そして同じスモーキーさでなく、表現があってるのか判りませんが、穏やかなスモーキーさが長く続く感じです。

少しずつ飲み進めると甘味をよく感じるようになってきました。非常に美味しいです。

開栓したてですがアルコール感は全く感じませんでした。これで1週間後とかどれほど美味しくなるのか楽しみで仕方ないです。

最後に私的総評

さすがにラガヴーリン 16年はハイボールは割愛します。そこはラガヴーリン8年の方が向いていると思いますし、ストレートでじっくりと味わいたいです。

スモーキーさピート香とアイラモルトらしいクセがあるので、初心者の方がいきなり飲むのは厳しいかもしれませんね。最初はカリラなんかを飲んでみて好きだと思ったらラガヴーリン 16年はおすすめだと思います。

私はアードベッグTENが非常に好きなボトルで、ストレート良し、ハイボール良しと言う感じで一番飲んでるんですが、ストレートにはラガヴーリン 16年も素晴らしく美味しい。

共通して言えるのはスモーキーさと甘さなんです。アードベッグTENはライトな感覚で味わえて、ラガヴーリンはそれよりもヘビィな気がします。

アイラモルト好きの方でラガヴーリン 16年を飲んだこと無い方はいないと思いますが、想像を裏切らない美味しさで良かったです。

ラガヴーリン飲んでみた記事

ラガヴーリン 10年を飲んでみた感想

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/