スペイサイドオリジンとモンキーショルダー 比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベル スペイサイドオリジンとモンキーショルダーを飲み比べてみました。

どちらもスペイサイドのモルトのみを使用したブレンデッドモルトという事で同じスペイサイドでもどれくらいの違いが感じられるか試してみます。

キーモルトの違い

まずはブレンドしているモルトの違いを把握しておきます。

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルスペイサイドオリジンの方は、カーデュとグレンデュランが使われています。一方モンキーショルダーはグレンフィディック、バルベニー、キニンヴィですね。

同じスペイサイドである程度の特徴は似ているのかもしれませんが、蒸留所が全く違うのでどう特徴が変わるのか、早速ストレートのみですが飲み比べてみます。

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルスペイサイドオリジンとモンキーショルダーのストレート比較

スペイサイドオリジンとモンキーショルダー ストレート比較

まずは2つの香りを比較してみます。
モンキーショルダーは青りんごの香りが凄いですね。そしてバナナのような甘い香りも感じられます。スペイサイドオリジンの方はハチミツの香りが強く感じられます。メープルシロップ感がいいですね。

単体で飲んだ時はスペイサイドオリジンも青りんごっぽい香りがある気がしてたのですが、モンキーショルダーの後だと青りんごっぽさはあまり感じず、ハチミツやメープルシロップといった甘い香りでした。

実際に飲んでみると、モンキーショルダーが結構重くスペイサイドオリジンは凄くライトな酒質だと感じます。スペイサイドオリジンは抵抗なくスーッと入ってくるのに対し、モンキーショルダーは少し飲みごたえを感じました。

味わいの比較としてはスペイサイドオリジンは蜂蜜やモルトの甘味、そして後からスパイシーさやビター感が感じられます。一方モンキーショルダーは洋梨もしくは青りんごといったフルーティさに蜂蜜のような甘味と後から若干のスパイシーさという感じです。

こちらもスペイサイドオリジンよりもモンキーショルダーの方がフルーティなのかなと思いました。

飲みごたえか飲みやすさか

今回飲み比べてみて思ったのが、選ぶのは好みかなと思いました。

ポイントはストレートでも非常にライトで飲みやすくバンバン飲めちゃうスペイサイドオリジン、思ったよりも重みを感じるが青りんごの香りと味わいでフルーティさが強いモンキーショルダーという感じです。

実際にモンキーショルダーも私は重いと思ったことはなく、飲み比べてスペイサイドオリジンと比べたら思ったよりもヘビーだったというだけなので、飲み比べないとわからない程度だと思います。

どちらも甘味が強く、フィニッシュではスペイサイドオリジンの方がスパイシーさを感じたかな。

まぁどちらも非常に優秀なブレンデッドモルトでスペイサイドらしさを感じられるボトルなので、価格帯も似ていますし甲乙つけがたいですね。

例えばウイスキー初心者の方だと、スペイサイドオリジンは無くなる可能性(限定品)がありますし、口当たりが非常にスムースなのでまず選んでみると良いかと思います。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/