KAVALAN ソリスト ポートカスク レビュー

先日KAVALAN ソリスト ポート カスクストレングスを購入しました。まさに身銭を切ったという感覚でしょうか。ただそれだけ満足出来ると確信しています。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

KAVALAN ソリスト ポートカスクの感想

私はKAVALANソリストシリーズはヴィーニョバリックに続いての2本目です。勿論制覇することなんか恐れ多くて考えてませんが、バーボンカスクとオロロソシェリーは飲んでみたいと思ってます。

KAVALAN ソリスト ヴィーニョバリックはたまに飲む至極のストレートとして今なお飲んでますが、残りもあと少しになってきたので「KAVALAN ソリスト ポート カスクストレングス」を購入した次第です。

では早速ですが、まずは公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

カバランソリストのポート カスクストレングスは魅惑的で豊富なフルーツの香り、淡い木の香り、スモーキーの微かな香りが特徴で、独特のコクのある味わいと甘みのある余韻が楽しめます。

ナッツとオレンジの深い香りが融合し、ゆっくりとポート樽特有のコクのある木質の香りが口の中に広がります。鮮やかなフルーツの香りと最高級チョコレートの香りが絶妙にマッチし、口の中でナッツチョコレートがゆっくりと溶けるような最高の味わいと余韻が楽しめます。
引用元:ラインナップ | カバラン シングルモルトウイスキー -Club KAVALAN

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

KAVALAN ソリスト ポートカスク ストレート

KAVALAN ソリスト ポートカスク ストレート

香りですが、甘いワインのような香りと木の香り。そして確かに少し香ばしさを感じる香りもあります。オレンジといえばそうなのかな。柑橘系の甘酸っぱいニュアンスもありますね。

味わいはまずは驚くべき甘さが広がり。フルーツにチョコをかけたような印象を受けました。じわ〜っと口に広がる甘味とタンニンなのかな渋味が感じられました。

ナッツ感というよりも私にはタンニンのような渋味に思いましたが、それも本当に嫌な印象ではなく、ウッディさと合わせて味わいを引き締めていると思います。

ストレートで飲むのがやっぱ良いんでしょうね。

KAVALAN ソリスト ポートカスク ロック

KAVALAN ソリスト ポートカスク ロック

KAVALANはやっぱりストレート用だと思ってるので、期待薄でロックで飲んでみました。これが意外と悪くはない。

ただストレートの方がやはり圧倒的に美味しいですね。ポートカスクの甘味は若干軽減されるものの、フィニッシュで甘味がロックでも感じられます。でもやはり圧倒的にストレート用だと思い知らされますね。

KAVALAN ソリスト ヴィーニョバリックよりはロックでも飲めるかな。

KAVALAN ソリスト ポートカスク ハイボール

写真は撮り忘れたので再度撮るかというと、勿体ないので写真なしのレビューになります。

カスクストレングスなので割負けするしない以前に、やはりKAVALANソリストシリーズ+シェリー系やワイン系熟成はハイボールにはあまり向いていないように思います。

ポートの甘味は影を潜め、タンニン感やビターさばかりが感じられます。ポートのニュアンスはあるにはあるが、まぁハイボールで飲むようなものではないですね。

最後に私的総評

やっぱKAVALANのソリスト シリーズ美味しいですね。うっとりするような甘さとフィニッシュの渋味が本当に一日の最後の一杯として活躍しそうです。

お値段は私が購入したボトルの最高額となりましたが、一口飲んで「まぁいいや」と納得させられる一本でしたね。とは言え、しょっちゅう購入できる代物でもないので大事に飲んでいきたいと思います。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/