ゴッドファーザー

先日アマレットを購入したので、自宅で簡単に出来るカクテル「ゴッドファーザー」を作って飲んでみました。

いきなりのトラブル

用意したグラスは先日購入したグレンケアンのロックグラス!
そこにイオン系のスーパーで購入したロック用のアイスを入れてみると

グレンケアングラス

くびれのおかげで、氷が入らない!
氷をくるくる回し続ければ溶ける+角が削れるでストンと入るのですが、少し削ってサイズを調整しました。

グレンケアングラスの記事

ウイスキーにハマりGLENCAIRNのグラスを購入

ゴッドファーザーのレシピ

ゴッドファーザー作り方

今回使用したのは

  • ウイスキー:フロム・ザ・バレル
  • アマレット:ディサローノ

用意するのはこれだけ!
ちなみにアマレットのディサローノはイタリアのリキュールでアルコール度数28度です。
イタリアのリキュールを使うというのが映画ゴッドファーザーを思わせていいですね。

アマレットの特徴はアーモンドの香りが特徴で甘みのあるリキュール。ジンジャー割で飲まれたりケーキの隠し味なんかにも使われます。

アマレットは榎商店でも販売しています

アマレット ディサローノ 700ml リキュール 28度

ゴッドファーザー作り方

作り方は

  • ウイスキー 3/4
  • アマレット 1/4
  • 氷を入れたグラスに入れてかき混ぜる

手順はたったこれだけです。
例えばウイスキーを30ml入れた場合はアマレット10mlという感じです。
あとは好みでアマレットの量を好みの味になるように量を調整しましょう。

ゴッドファーザーを飲んでみた感想

ゴッドファーザー 味の感想

甘くてウイスキーがグッと飲みやすくなりますね。
今回使ったフロム・ザ・バレルはアルコール度数が51.4%と高めのウイスキーなんですがアルコールの刺激を感じさせず、ウイスキーの風味も残しアーモンドの香りと甘さが余韻で残りました。

材料があれば誰でも簡単に作れるというのがいいですね。
あと思ったのがサントリー公式で紹介されているのはバランタインファイネストを使っての紹介です。

スコッチは勿論ですがウイスキーによって味は結構変わります。個人的にはもうちょっとスモーキーさがある銘柄の方が良いような気がしました。
「ジョニ黒やティーチャーズの方がいいかも。」というのは好みの問題なので、取り敢えずアマレットを購入したら手持ちのウイスキーで試してみてるのでいいかと思います。

宅飲みなんで目分量で十分と思ってましたが、ジガーとか計量するものが欲しくなってきました。