ラガヴーリン8年 レビュー

以前から気になっていたラガヴーリン8年。いろいろと目移りしちゃったのと、ラガヴーリン16年を持っている事から後回しになりました、ようやく購入しました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ラガヴーリン8年の感想

ラガヴーリン8年は200周年記念の限定リリース後に評価がすごく高くて定番化されたものです。

オフィシャルでの定番他インナップとしては8年とスタンダードの16年。そして免税店向けで並行輸入されている10年をよく見かけます。

もちろんスペシャルリリースやディスティラリーズ エディション、そして先日飲んでレビューを書いた9年ゲームオブスローンズがりますが、基本は8年と16年ですね。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ラガヴーリン蒸留所創立200周年を記念して2016年に限定リリースされたラガヴーリン 8 年の定番商品化。

ラガヴーリンの味わいを余すところなく表現した、甘く、香り高いスモーキーさを持つシングルモルトスコッチウイスキー。ストレートもしくはロックでお愉しみ下さい。
引用元:LAGAVULIN | Moët Hennessy Diageo

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ラガヴーリン8年 ストレート

ラガヴーリン8年 ストレート

まずは香りですがスモーキーさとピートは勿論ですが甘い香りが強くクッキーやビスケットのような麦の甘い香りを凄く感じます。あとはナッツ系の香ばしさもありますね。

口当たりは軽く飲みやすい。若干感じる柑橘っぽさとやはりクッキーのような若干の香ばしさを含む甘味を感じました。

アルコール度数は48度で若干ピリッと来るものの、アルコール感を強く感じるという印象は受けませんでした。

ラガヴーリン8年 ロック

ラガヴーリン8年 ロック

ロックにしても甘味を感じつつ灰のようなスモーキーさが口に広がります。非常に美味しいです。

冷やされることで香りの感じ方は変わりますが、軽い口当たりで非常に飲みやすく氷が溶けるにつれまろやかさを感じました。味わいの変化が素晴らしいですね。

ラガヴーリン8年 ハイボール

ラガヴーリン8年 ハイボール

ハイボールにすると甘味はストレートやロックに比べ軽減された気がします。しかしながらほんのり甘味もありスモーキーさピート感はしっかりと。

これはハイボール凄く美味しいですね。アイラのクセをしっかりと感じられます。

ラガヴーリン8年 個人的評価

どんな飲み方をしても凄く美味しいですね。
ラガヴーリン16年をハイボールというのは、やはりもったいない気がするのでラガヴーリンファンの方のハイボール用にいいのかもしれません。

私の好みの飲み方はロックですかね。しっかりとピートが感じられますしそこそこ甘味も残って美味しかったです。

現在ウイスキー人気でやはり長期熟成は入手が難しくなってきたりするかと思います。価格的にも同様ですよね。そんな時にラガヴーリンの8年や10年をメインにしていく事も考えないといけませんね。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/