カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー レビュー

以前から気になってたブランデーがカミュの「イル・ド・レ」シリーズ。どうやらヨード香や塩っぽさがあるようで、ウイスキー愛好家にも人気なのだとか。

今回は確かイル・ド・レの中で一番高額のカミュ イル・ド・レ クリフサイドセラーを購入しました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラーの感想

カミュといえばヘネシーやレミーマルタンと並ぶ有名なコニャックですが、そのカミュのなかで「イル・ド・レ」というものがあり、ヨード香や塩を感じるそうなんです。

アイラモルト好きの私は興味津々!そして今回購入したのは「カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー」でシリーズの中では最もお高いんです(奮発しちゃいました)。因みにカミュ イル・ド・レ クリフサイドセラーは以前はカミュ イル・ド・レ XOだったそうです。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

一応Asahiの公式情報ではこのように紹介されています。

塩味の濃さが残る新しいテイストのコニャックで、スコッチウイスキー愛好家にも受け入れられる風味に仕上がっています。
引用元:イル・ド・レ クリフサイドセラー | カミュ | ウイスキー・ブランデー | 商品情報 | アサヒビール

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー ストレート

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー ストレート

香りですがやっぱクセがありますね。ただヨードという感じとはちょっと違うような。そして潮感はありますね。ぶどうの香りと樽感というかスパイシーさも感じます。少しミント感というか、ハッカのような刺激も感じました。

味わいはこれまで飲んだブランデーとは少し違いますね。うっすらと甘味はありますが、黒糖のような味わいですがほろ苦さが強く「龍角散のど飴」っぽい味がします。

このちょっと薬品っぽいクセがいわゆるヨード香になるのかな。アイラのそれとは全然違いますが、このクセのある風味は他では感じたことがない味わいです。

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー ロック

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー ロック

ロックで飲んでみると随分飲みやすくなりました。若干ののど飴感はありますが、ぶどうの爽やかな甘味も感じられます。そして当然クセもあるのですが、ストレートに比べ落ち着いた感じがしました。

普通に美味しいですね。他のブランデーとは当然一線を画する味わいで、かつ葡萄感と潮っぽさが感じられます。

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー フレンチハイボール

カミュ イル・ド・レ クリフサイドセラー フレンチハイボール

最後にフレンチハイボールで飲んでみると、おそらくはイル・ド・レを購入した方はこの飲み方がメインになるんじゃないかな。

ソーダで割ることでの爽快感とぶどうの爽やかな甘味とタンニンの渋みがちょうどいい感じで心地よく、甘すぎないので食中にも凄く合う気がしました。

潮っ気やヨード感は随分薄れますが、華やかで飲みやすく若干の黒糖感もいいですね。

最後に私的総評

スコッチ好きにもという紹介が多くされているのは、メーカーのテイスティングノートも当然あるわけですが、私が飲んだ印象としてはスコッチ好きよりもラム好きの方が楽しめると思いました。

ヨード感=スモーキーという認識がやはり私にはあって、当然このブランデーはスモーキーでは無いです。ヨード感とぶどうの酸味やタンニンの渋みが合わさって「龍角散のど飴」なんて表現をしちゃいましたが、ちょっとメディシンなクセがヨード香なんだと思います。

ただ決して美味しくないというわけではなく、クセを楽しめる方なら美味しくいただけると思います。まぁ飲み手を選ぶボトルかもしれませんね。

レミーマルタンXO
クールドリヨン ポム プリゾニエール

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/