白州 神戸ハイボール

氷を使わないハイボール「神戸ハイボール」をご存知ですが、作り方は超簡単でとにかく氷を使わないのでコスパも良いですよね。
今回は白州の神戸ハイボールの作り方と飲んでみた感想を簡単にですがご紹介します。

神戸ハイボールの作り方

用意するもの

  • 冷凍庫で冷やしてトロットロになったウイスキー
  • 飲む前にしっかり冷やしたグラス
  • 同じくキンキンに冷えた炭酸水(瓶のもの)
  • レモンピール

作り方

  1. 冷やしたグラスに冷やしたウイスキーを適量注ぐ。
  2. よく冷えた炭酸水を瓶まるごと1本一気に注ぎます。
  3. レモンピールを軽く絞ってふりかけて完成

まずアルコール度数が40度以上になるウイスキーは冷凍庫でも凍りません。この特性を利用する点と近い温度同士のもののほうが混ざりやすいそうなので、グラス、炭酸水も近々に冷やしておくのがポイントです。

そして最後にレモンピールを少し離して振りかけるというのが、神戸ハイボールの作り方。私はここからいくつかの手順を省いて作成しました。

白州ミニボトル 神戸ハイボール風

私は白州を使ったのでレモンピールは不要だと思い用意しませんでした。
そし炭酸水は飲む少し前に冷凍庫に放り込んでキンキンだったのですが、グラスは忘れてて常温のまま。

この状態で、目分量でグラスに白州を入れて適量の炭酸水をゆっくりでなく一気にいれます。(もちろん一本丸ごとではない)

白州ミニボトル活用

写真には気泡があまり写ってませんが、実際には結構泡立ってます。
そして、この位の量なら一気に飲めちゃう感じでグッと飲み干しました。

「めちゃくちゃ美味い!」

白州の爽快感が素晴らしい。
濃さの調整が分ってくれば、白州を飲む際はこれで正解と思えるほどでした。

コンビニ白州争奪戦が激化する味

この飲み方をする際には、白州を冷凍庫で冷やす必要があります。
その場合にすごく便利なのが180mlのコンビニで売られるミニボトルですよね。
700mlになると冷凍庫で冷やし難いですし、なんだか勿体ない気もします。

ちょくちょく全国のコンビニで期間を変えて並ぶ白州と山崎のミニボトルは普通に飲む用と冷凍庫用の2本ストックできれば捗りますね。

気になった方は是非やってみてください。サッと作ってサッと飲めて美味しいレモンピールを使わない白州神戸ハイボールでした。