KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2が発売されると言うことで、ならKAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1を飲んでおこうと購入しました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1の感想

世界的に評価も高く多くの賞を受賞したKAVALANのボトルの中では一番お安く購入出来るのがKAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1ですね。大体4000円から5000円くらいが相場でしょうか。

以前にKAVALANクラシックとコンサートマスターを少しずついただいたのですが、なかなか美味しかった記憶があります。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

カバラン特有のトロピカルフルーツ、タフィーの香りが漂い、木とバニラの風味が彩りを添えています。

香りはトロピカルフルーツの熟成した香りがなめらかな風味を包み、魅惑的な芳しい香りがほんのり漂います。口当たりは甘く、軽く柔らかで、なめらか。樽の工芸による完璧なハーモニーが織り成すバランスの取れた口当たり。
引用元:ラインナップ | カバラン シングルモルトウイスキー -Club KAVALAN

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1 ストレート

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1 ストレート

香りはバニラ、トロピカルフルーツという感じですね。トロピカルフルーツといえば、よく嗅ぐとバナナが一番近いように感じました。あとはマンゴーですかね。あとはどことなくハーブのような爽快感もあります。

味わいは口当たりは軽く、柔らかな甘味、バニラ、あと若干酸味も感じますね。そこからレーズン、最後に香ばしさ(ナッツなのかビターチョコなのか)を感じました。

アルコールの刺激も少なくまろやかでシルキーですね。スーッと入ってきて、余韻もスーッと伸びていく感じです。

一番安いボトルでこの出来だと、ソリストなんかどうなっちゃうんでしょうね。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1 ハイボール

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1 ハイボール

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1はハイボールも非常に合います。

香りはフルーティさが強く、青りんごっぽい香りがまずきます。そしてフィニッシュには若干のスモーキーさも感じられます。味わいもフルーティですが酸味は弱く優しい甘さで飲みやすいです。あとに来るほどビターな印象です。

KAVALANでハイボールをするには「KAVALAN ディスティラリーセレクト」一択ですね。風味の違いでなく、価格的なことを踏まえてです。

最後に私的総評

ストレートでもハイボールでも非常に美味しかったです。
実際私にはこれで十分な美味しさなんですが、ソリストシリーズともなるとどれほど美味しいんでしょうか。

実は私の家には、飲まないからと言って譲って頂いた「カバラン ソリスト ヴィーニョ カスクストレングス」なんて大それたものがございます。

ちなみに頂いて1ヶ月くらい経過したのですが、まだ開栓してません。

話は変わって、この春(2021年春)にリリースが決まっている。カバラン ディスティラリーセレクトNo.2ですが、No.1はバーボン・シェリーなどリフィル樽ブレンドを使用しているのに対し、No.2はバーボンのみのリフィル樽ブレンドのようです。

私は既に予約済みなので、販売開始が待ち遠しいですね。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/