KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2

予定より少し早くKAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2が我が家に到着しました。このためにNo.1をわざわざ購入して予習しているくらいに期待してます。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2の感想

KAVALANのディスティラリーセレクトシリーズはKAVALANの中では一番リーズナブルなシリーズでこのNo.2がリリースされるのをきっかけに、元々あったディスティラリーセレクトはNo.1にそして新しいものがNo.2となっています。

KAVALANと言えば高級ウイスキーの印象がありますが、温暖な気候のおかげで熟成スピードが凄く早い代わりに、エンジェルシェア(熟成時の目減り)も相当多いようですね。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

カバラン ディスティラリーセレクト No.2は、優雅で豊かな花の香りと清々しいハーブの香りが特徴です。

上品で完全にバランスが取れており、飲みやすい。バタースコッチ、クリーミートフィー、バニラの豊かで複雑な層が、余韻の長い後味のある柔らかく多重的な味を作り出す。繊細でシルキー。熟した熱帯フルーツの香り、香りのよい花の香り、温かいバニラ。
引用元:Kavalan Whisky

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2 ストレート

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2 ストレート

香りはバニラ、甘いトロピカルフルーツが強く、そしてフローラルさを感じました。若干思い浮かんだのは甘いスポンジケーキ?これをトフィーって言うのかな?芳ばしいとまではいきませんが、モルト感を感じました。

味わいはTwitterでも書いたのですが口当たりは軽くというかシルキーって言うんでしょうね。私がこれまで飲んだ中で一番スゥーっと入っていきました。最初はバニラのような甘味から、穀物感のある甘味へ変化してフィニッシュはビターさを感じます。余韻は長めですね。

アルコールの刺激は全然なくて、凄く飲みやすい。かなり美味しいですね。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2 ハイボール

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2 ハイボール

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2はハイボールでも十分に楽しめます。

ハイボールにするとバニラ感というよりもフルーティさの方が出てきた印象です。青りんごかな?そしてビターさも強くなるのでクドくなく何杯でも飲めちゃいますね。

ハイボールにしても非常に美味しいですが、私はストレートの方が好みですね。KAVALANの南国フルーツ感はハイボールにすると若干薄れる気がしました。だからといって駄目なのではなくて非常に美味しいんですが、勿体ない気がしますね。

最後に私的総評

ストレート、ハイボール共に非常に美味しいです。
No.1と比べてどうなの?という事なんですが、No.1の味は忘れちゃったので、近々飲み比べをしてみようと思います。

実は私は最近のお気に入り銘柄がKAVALANでソリストのex-バーボンカスク(試飲)にハマってます。そのうちソリストのシェリーカスクとex-バーボンカスクは購入したいんですが、価格的にスコッチのまだ飲んでない銘柄が2、3本買えちゃうんですよね。

とりあえずは今回購入したKAVALAN ディスティラリーセレクトNo.2をNo.1と飲み比べながら楽しんでみようと思います。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/