グレンドロナック 12年 レビュー

量り売りでちょっと飲んで感動しフルボトルで購入した「グレンドロナック12 年」。グレンドロナックが人気の銘柄なのがすごくわかります。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

グレンドロナック 12年の感想

私自身の本格シェリー樽熟成ウイスキーのデビューはマッカラン12年からだったのですが、その時は今以上にヒヨッコで「ゴム臭い」と感じてました。しかしそれから数ヶ月で「もしかしたら克服した?香りの感じ方が変わった?」思うくらいシェリー樽熟成を飲むようになりました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

最高級のスペインのペドロ・ヒメネスとオロロソのシェリー樽の組み合わせで少なくとも12年間熟成されます。 グレンドロナック12歳のオリジナルは、43%のアルコール度数で瓶詰めされています。

香りは甘くクリーミーなバニラ、生姜の香りがします。 スパイスの効いたグリューワインと洋ナシ。味わいはリッチでクリーミー、シルキースムース。 温かみのある濃厚なオークとシェリーの甘さ、フルな口当たり、レーズンとソフトフルーツ。 ミディアムレングスでドライなフィニッシュのスパイシー。
引用元:GlenDronach Global | Original Aged 12 Years

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

グレンドロナック 12年 ストレート

グレンドロナック 12年 ストレート

香りにゴムっぽさは少しあります。このゴム感はレーズンの香りですね。バニラ香はわかりませんね。蜂蜜っぽい甘い香りと洋梨はなんとなく感じられます。

程よい口当たりで軽いとも重いとも思いませんでした。スゥーっとした感覚があるのでシルキーですね。味は少しスパイシーなオークっぽさが先ず感じられ。レーズン系のドライフルーツの甘味が長く伸びていくように感じました。

苦手なゴムっぽさ多少感じましたが、そこまで強くないので気になりません。その後から来る甘くフルーティな香り。口に含んだ時の甘味と苦味?渋み?そしてスパイシーさと複雑に絡み合って美味しいです。

グレンドロナック 12年 ハイボール

グレンドロナック 12年 ハイボール

シェリー樽熟成ではグレンファークラス12年、マッカラン12年をこれまで飲んで記事にしましたが、私はグレンドロナック 12年のハイボールが一番好きです。

ハイボールなのでスッキリとしているですが、甘味もしっかりと感じられすごくフルーティです。食中よりは食後向きかとは感じましたが甘味とスパイシーさで常飲用にストックしたくなるくらいに美味しいです。

ストレート、ハイボール共に最高なボトルですね。

最後に私的総評

これは暫くハマってグレンドロナック12年のハイボール飲んじゃいそうです。ストレート良し!ハイボール良し!で使い勝手が素晴らしいですね。

まぁハイボールでガンガン飲むような価格のお酒ではないんだけども、ちょっと感動の美味しさでした。

マッカランの12年は飲んじゃってるので、とりあえずグレンドロナック12年とグレンファークラス12年の飲み比べはしてみようと思います。マッカラン12年も出来れば飲み比べしてみたいなぁ。

飲んだ当時とは私も味覚も変わってるでしょうし、マッカランの評価も変わってると思いますので、グレンドロナック12年との三つ巴で記事にできたらなぁと思いますが、金銭的に先の話になりますかね。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/