ニッカ ピュアモルト レッド レビュー

随分前に購入したニッカ ピュアモルトのレッドとブラックを先日開栓して飲んでみました。まずはレッドについての飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ニッカ ピュアモルト レッドの感想

ニッカ ピュアモルト レッドはピュアモルトということで当然のことながらブレンデッドモルトウイスキーですね。要はシングルモルトウイスキーのみをブレンドして造られています。

ニッカ所有のシングルモルトと言えば宮城峡と余市。これだと竹鶴になっちゃいますから、海外原酒で例えばベンネヴィスとかも加えられているんですね。もしかしたらカフェモルトも?詳細はまた調べてみます。

ちなみにニッカ ピュアモルト レッドは宮城峡主体の構成のようです。

公式テイスティングノート

テイスティングノートは公式でも紹介はされていないですが、ピュアモルトの狙いが解説されていました。

このウイスキーが登場した1984年頃は、ウイスキーも見た目の華やかさや、派手な装飾を競い合っていた。そこにモルト原酒100%のおいしさをシンプルに味わって欲しいという願いを込めた、装飾性を一切排除したボトルは衝撃だった。
引用元:STORY BAR |NIKKA WHISKY

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ニッカ ピュアモルト レッド ストレート

ニッカ ピュアモルト レッド ストレート

香りは非常に甘い蜂蜜の香りとシェリー樽由来の香りも感じますね。アルコール刺激はほぼ感じられず。ふくよかな甘さ主体の香りです。

口に含むと蜂蜜の甘味と青いフルーツの甘酸っぱさを感じました。ほんの少しピートを感じるか感じないかくらいで、全体的には甘くフルーティで若干のスパイシーさもありますね。

十年前に購入して保管していたという方から購入したのですが、十年前の構成原酒がいいのかとても美味しいです。

ニッカ ピュアモルト レッド ロック

ニッカ ピュアモルト レッド ロック

ロックにしても甘味は強いですが、若干の苦味も感じます。甘味からのビターさでストレートよりも引き締まったような印象。

サッパリとした甘味という感じで、ストレートよりも飲み疲れせず楽しめそうです。

ニッカ ピュアモルト レッド ハイボール

ニッカ ピュアモルト レッド ハイボール

ハイボールにすると青りんごや洋梨のようなフレッシュな甘味と、ビターな余韻がとても美味しく、スッキリ爽快に楽しめます。

甘味が若干落ち着いたので、ハイボールなら食中でも楽しめそうですね。

ニッカ ピュアモルト レッド 個人的評価

ストレート・ロック・ハイボール共に美味しくいただけました。私の好みではハイボールですかね。フレッシュな甘味でどんどん飲めちゃいそう。

ストレートやロックは食後酒ですね。かなり甘味があるのでゆっくりと食後のデザート感覚で楽しむのがいいでしょう。

このニッカピュアモルトは酒屋などではなかなか見かけることはありませんね。蒸留所では買えるようなんですがなかなか簡単に購入はできません。ただ最近はAmazonのようなモールでも見かけるようにはなってきましたね。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/