オーバン14年 レビュー

このオーバン14年を飲むとクラシックモルトシリーズ制覇かな。そこでオーバン14年の200mlボトルを購入しました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

オーバン14年の感想

オーバンと言えば西ハイランド港町でハイランドとアイランズの両方の特徴を持っていると言われているシングルモルトでハイランドの華やかさに塩っぽさが合わさっているのでしょうか。

塩っぽさと言えば、スプリングバンクがなかなか入手出来ないので塩っ気を感じるボトルを現在探している最中なので凄く楽しみです。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

海の潮の香りとピーティなスモーキーさも感じられる。

ライトなスモーキーさ、ミディアムボディで食欲をそそるスパイスと塩気の味わいを併せ持つシングルモルトスコッチ。米国ではスコッチらしさが味わえる入門銘柄として人気。
引用元:シングルモルトスコッチ選ぶヒント | CLASSIC MALTS SELECTION

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

オーバン14年 ストレート

オーバン14年 ストレート

香りは甘い香りとレモンを感じます。そして若干の潮とピートも感じ取れますね。レモンやオレンジのような香りが濃い気がしました。

味わいは塩っぽさはしっかりとありますね。そして思った以上にスパイシーです。甘味もありますがドライフルーツのように感じました。そしてちょっとビターテイストですね。

ピーティさやスモーキーさは味わってみると特に特徴として感じるほどではなかったです。塩っ気とドライフルーツの甘みそしてビターな味わいは、ちょっと男っぽさというか男性向けのような気がしました。

オーバン14年 ハイボール

オーバン14年 ハイボール

ハイボールにするとドライフルーツの甘味も若干残りますが、レモンっぽい香りと潮っぽさがいいですね。

程よくビターな味わいなので甘すぎず爽やかに飲めます。食中酒としても全然いけそうな気がします。

最後に私的総評

ストレート、ハイボール共に美味しくいただきました。
オーバンを飲んでみて思ったのが、ちょっと無骨だけどスコッチを飲み始める基準となる1本のような気がしました。

ストレートで感じた潮と僅かなスモーキーさ、そしてドライフルーツっぽい甘味、総合的にビターな味わいでまとまっているので男性向けかもしれませんね。

初心者におすすめかと聞かれると、少しウイスキーに慣れた方の方がオーバンの良さを感じられると思います。

余談ですがクラシックモルトシリーズも制覇かと思ってたのですが、公式サイトをみるとカリラ12年、クライヌリッシュ14年、グレンエルギン12年、モートラック12年がなんだか追加されているような。

となると私がまだ飲んでいないのは、グレンエルギン12年、モートラック12年の2本となります。こちらもまたいずれ。

【送料無料】オーバン 14年 700ml シングルモルト ウイスキー 43度

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/