オーバンの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

ハイランドとアイランズを併せ持つと言われているオーバン。

ここではオーバンの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

オーバンの歴史と蒸留所

オーバン蒸留所は1794年に創業。

オーバンの港町の中心にあります。

ゲール語で「小さな湾」という意味のオーバンには作曲家のメンデルスゾーンが1829年にフィンガルの洞窟に向かう時に立ち寄り、その後の交響曲第3番「スコットランド」と序曲「フィンガル洞窟」になったそうです。

ポッドスチルはランタンヘッド型、アードコネル湖の水を使用しその殆どがシングルモルトとしてリリースされています。

ディアジオ社のクラシックモルトシリーズの内の1本としても有名じゃな。
えのき先生
えのき先生

オーバンの種類と味の特徴

オーバンの味の特徴はハイランドとアイランズの特徴を併せ持つという点じゃ。
えのき先生
えのき先生

オーバン 14年

オーバン 14年

爽やかなピート香と、やや重厚なミディアムタイプのシングルモルト。

ハイランドならではのまろやかで芳醇な味わいと、アイランズ特有の力強いピートの香りという、ふたつの世界を体験させてくれる一品。

香りはフレッシュフルーツ、はちみつ、スモーキー晩秋のフルーツ。

味わいは乾燥イチジクと蜂蜜のような甘くスパイシー。

容量700ml・アルコール度数43度

 

 

オーバンのおすすめの飲み方

ロック カクテル

ハイランドの産のウイスキーながら潮っぽさがあるオーバンのおすすめの飲み方はロック。

軽やかなフルーティさと潮のニュアンス、余韻にナッティさが楽しめます。

またハイボールにしてもフレッシュな爽快さと少しの潮気がたまりません。

オーバン14年はフルーツや麦の甘さが長く続くのでやはり香りと味わいを深く楽しむにはロックがいいじゃろう。
えのき先生
えのき先生

オーバンの選び方

ウイスキーは甘めの方が好きだが、シェリー系はちょっと苦手という方におすすめするのがオーバン14年。

甘さのなかの潮気が心地よく酒を勧めてくれます。

クセが少ないので女性の方でも気にいる方が多い。

ほんのり潮気が非常に美味しさを引き立ててくれる。オーバン14年はハイランドモルト好きの方で色々と試した方には是非飲んでいただきたい
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFの意見

上記でも何度も書きましたがオーバン14年はハイランドモルトとアイランズモルトを良いとこどりしたモルトとして人気です。

印象は甘い風味が長く続き、やさしいフルーツと麦の香りと甘さのバランスに優れています。その中に少し潮を感じるニュアンスがアクセントとなって楽しめます。

最後に当店女性スタッフが「オーバン」の解説動画をYoutubeにアップしているので是非ご覧ください。

 

 

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら