スプリングバンク10年 レビュー

「モルトの香水」と呼ばれ日本でも大人気の銘柄といえば「スプリングバンク」、その香りの高さと塩っ気が最大の特長ではないでしょうか。知人におすそ分けいただいた「スプリングバンク10年」を初飲み。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

スプリングバンク10年の感想

スプリングバンク10年は価格の高騰もなんのそので、どっこも売り切れですよね。私もどうしても飲んでみたかった銘柄の一つで、私が楽しみにしているのはブリニーさです。

これまでカリラなんかで微かなブリニーさを感じるか感じないか程度、あまり塩っぽさってわからないんですよね。

では楽しみにしていたスプリングバンクを飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

バーボンとシェリー樽の組み合わせで熟成され、最初の一口からフィニッシュまで完璧にバランスが取れています。

香りはピート、バニラ、モルトの含みを持つ果樹園の果実(洋ナシ)。
味わいはモルト、オーク、スパイス、ナツメグ、シナモン、バニラエッセンス。
余韻は甘く、塩辛い味が残ります。
引用元:Springbank Distillers | 10 Year old

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

スプリングバンク10年 ストレート

スプリングバンク10年 ストレート

私が感じられた香りはバニラやモルトの甘い香り、洋梨とは思わなかったです。それよりも若干のフローラル感と青りんごかな?いや塩水につけた後のりんご感を感じました。確かに潮の香りはするような気がしてますがピートの香りは分かりませんでした。

味わいはバニラ、ナツメグは判ります。そして青りんごのような爽やかさもありますね。その中に塩辛さも感じられます。フィニッシュにかけてスパイシーな印象を持ちました。

確かに塩辛いですね。いや正直塩っぽさを感じるという程度で塩辛いとまでは思いませんでした。まぁこの尺度って個々で変わると思います。「他のシングルモルトに比べると確かに塩辛い」と感じました。

スプリングバンク10年 ハイボール

スプリングバンク10年 ハイボール

スプリングバンクをハイボールでなんて怒られそうですが、まず最初に結論を書くとスプリングバンクの特長が影を潜めちゃうので、おすすめはしません。

ハイボールにするとピートを感じます。それに引き換えストレートで感じた青りんごのようなフルーツ感、塩辛さ、スパイシーさは感じませんでした。
バニラとビターさが前面に出てくる感じですね。甘みがあり当然美味しいのですが、スプリングバンクじゃなくても良い感じはします。

最後に私的総評

スプリングバンクはやっぱりストレートやごく少量の加水が一番よさそうです。塩辛いとまでは思わなかったのですが、塩をここまで感じたのは初めてですね。

香りもいろいろと複雑で、もっと嗅いでいれば更に色々な香りの特長が感じられるかもしれません。あとはやっぱり1本欲しい!

開封後、数日後、1ヶ月後と開封からの変化も楽しみたいと思わせられました。ただスプリングバンク10年を購入するかというと、目標は「スプリングバンク 12年 カスクストレングス」なんですけどね。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/