アラン10年 レビュー

Twitterなんかを見ているとよく見かける銘柄が「アラン10年」。見かける頻度で言えばスコッチならトップクラスのような気がします。そんなアラン10年を横目に見ていたわけですが、実は購入してて先日開封し友人と飲んでみました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。



アラン10年の感想

今回アランを飲むのが初めてだったわけですが、アイランズモルトでもアランは華やかな印象をどことなく受けていて、実際に飲んでみるとどんな飲み方でも美味しいと感じました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ファーストフィルのバーボンバレルで熟成させた原酒とシェリーホグスヘッドで熟成させた原酒をヴァッティングした10年熟成。

香り:甘美な柑橘系の果物
味わい:最初に豊かなバニラの甘さ、柔らかくて甘いテクスチャーにスパイシーなエッジを加えるシナモン。 アランの年齢とともに丸みを帯びた柑橘系の風味、甘いオークを背景に新しい深みのある味わいを示しています。
引用元:Arran 10 Year Old Single Malt | Arran Whisky

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

アラン10年 ストレート

アラン10年 ストレート

注いで直ぐに感じる香りは蜂蜜ですね。そしてバニラ香、あとはどことなく爽やかさを感じるのですがシナモンでしょうか。爽やかな甘い香りという感じです。

味わいはまずバニラですね。なめらかな甘みの中にスパイシーさが感じられ、最後はビターな余韻という気がしました。

アルコール感はあまりなく、非常に飲みやすい。甘く華やかなボトルなので、初心者の方やスモーキー系が苦手な方におすすめ出来ると思います。

アラン10年 ハイボール

アラン10年 ハイボール

ハイボールにしても甘さはありますが、ビターさが強くなりスパイシーさも感じられて美味しいです。なんとなくですがグレープフルーツのような感じがしました。

甘みが後からくる印象で、バニラのような甘みは最後にくる印象です。
飲めば飲むほどアイランズモルトというよりもスペイサイドに感じますね。

最後に私的総評

コスパはめちゃくちゃいいと思います。
そしてウイスキーを初めてボトル購入しようとしている方にもおすすめ出来ると感じました。

ノンピートなのでまずクセがない。そして甘み、若干の酸味、スパイシーさも感じられてウイスキー入門としては最高ではないでしょうか。

ストレートでもハイボールでも非常に美味しく楽しめますし、食後酒としても非常に優秀です。合わせるならパウンドケーキとかフィナンシェなんかと一緒にストレートをゆっくり楽しめると最高ですね。

アランモルト 10年 700ml シングルモルト ウイスキー 46度

ウィルキンソン タンサン(500ml*24本入)【ウィルキンソン】