カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーは世界5大ウイスキーの中で最も軽い酒質と言われ、カクテルのベースにもよく使用されます。今回はカナディアンウイスキーの定義や特徴を榎先生に解説して貰います。

カナディアンウイスキーの定義

では早速カナディアンウイスキーの定義をリストアップしてみると

  • カナダで糖化・蒸留・熟成を行う
  • 原料は穀物や穀物由来原料のモロミを麦芽やその他の酵素で糖化
  • 酵母またはその他微生物との混合作用で発酵
  • 700リットル以下の木製の容器で3年以上熟成
  • 瓶詰め度数は40%以上でカラメルまたはフレーバリングを含む事が可能
  • カナディアンウイスキーであると認められる香り・味覚・品質を備える

最後のカナディアンウイスキーであると認められる香り・味覚・品質を備えるというのが面白いですね。

他にも木製容器での熟成期間中(3年)に6ヵ月を超えない範囲で別の容器に入れたものも熟成年数に加えることが出来ます。

カナディアンウイスキーは独自の定義が目立つんじゃ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
先生!フレーバリングってなんですか?
香味を添加出来るカナディアン以外のスピッツやワインのことじゃよ
そこでカナダのウイスキーの種別にフレーバリングウイスキーというものがあるんじゃ
えのき先生
えのき先生

カナディアンウイスキーの種類

カナディアンウイスキーを分類するとフレーバリングウイスキー、ベースウイスキー、カナディアンブレンドウイスキーにわけられます。

フレーバリング・ベースといった他の世界5大ウイスキーにはない分類が特徴的です。

またフレーバリングとベースは原酒で、カナディアンウイスキーの殆どはカナディアンブレンドウイスキーとなります。

フレーバリングウイスキーの特徴

フレーバリングウイスキーとはライ麦・トウモロコシ・ライ麦芽・大麦麦芽を原料にアルコール分64~75%程度で蒸留したもの。

味の特徴はライ麦からのスパイシーでオイリーな風味がありバーボンに近い事で知られています。

ベースウイスキーの特徴

主原料はトウモロコシを使用し連続式蒸留器でアルコール度数95%以下で蒸留したウイスキー。マイルドでクセがないのが特徴です。

カナディアンブレンドウイスキー

フレーバリングウイスキーとベースウイスキーを1:9〜3:7の比率でブレンドして造られたもので、面白いのがブレンド時にボトルの中身の9.09%までカナダ産以外を加えても良いという点です。

そこに加えられるのがアメリカのバーボンが多いですが、フルーツブランデーが加えられることもあります。

まとめ

どうじゃ、カナディアンは他のウイスキーに比べ若干異質な気がせんかの?
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
そうですね。ベースウイスキーのマイルドかつクセのなさがカクテルによく使用される理由だと気づきました。
ちーたくん
ちーたくん
先生、日本で見かけるカナディアンウイスキーの銘柄を教えてくれにゃ
日本市場でよく見かけるものは、カナディアンクラブとクラウンローヤルじゃな。もし見かけたら是非試してみるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら